新着エントリー

朝日杯フューチュリティステークス2021予想 枠順確定後の最終結論

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


本命馬や軸馬は上位人気馬から選ぶが、「どうしてもこの馬しか考えられない」という時以外は1番人気の軸、もしくは1着固定は買わない。

そこで狙い目は2~4番人気、広げても5番人気辺りまでの1着固定か軸固定。

1番人気が来たら仕方ないと諦めます。

 

そして今回は3連単で勝負です。

以上確定した枠順や週中記事で書いた内容を考慮して今回の1着固定馬は

 

3枠4番セリフォス

 

ここは順当にセリフォスかジオグリフの2択と考えて、セリフォスを選んだ。

過去7年の勝ち馬7頭中5頭は6番ゲート以内

このレースの王道路線は前走サウジアラビアRC・デイリー杯・京王杯出走馬

対してジオグリフは外枠で殆ど例がない前走札幌2歳ステークス組。

回収率の関係上、頭は1頭に絞りたいので選ぶなら過去傾向に沿ってセリフォスとした。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回固定で1レース3600円としていますが、今回は3800円とします。

(3連単)

(1着) 
3枠4番セリフォス

(2・3着)
7枠13番ジオグリフ

(2・3着)
穴馬(C)(D)(E)

◉→〇⇔★各500円×6点=3000円

(3連単)

(1着) 
3枠4番セリフォス

(2・3着)
7枠13番ジオグリフ

(2・3着)
4枠6番オタルエバー
5枠8番プルパレイ

◉→〇⇔△各200円×4点=800円

(計3800円)

 

3席ある内、穴馬は必ず1頭入れるのが基本。そうなると残る対抗馬の席は1席だけ。

いつもなら対抗馬を3頭くらいは挙げるのだが、今回は順当に札幌2歳ステークス圧勝のジオグリフだけを選んだ。

逆に消したのはOPレース含め2戦2勝ではあるが、少頭数のレースしか経験がなく全てタイム差なしギリギリで勝ったダノンスコーピオン

そしてもう1頭消したのはドウデュース

ダノンスコーピオンと同じくOPレース含め2戦2勝のドウデュースだが、前走タイム差なしで勝ったグランシエロは東スポ杯では惨敗。

この程度の実績で3・4番人気になるならジオグリフと穴馬の資金配分を増やして少点数で勝負したい。

また前走OP組のダノンスコーピオンとドウデュースだが、このレースは前走OPクラス出走馬の成績が極めて悪い。

それより重賞実績馬や未知なる能力を秘める新馬や未勝利組の方が好走率が高い。

以上の理由でダノンスコーピオンとドウデュースは消しました。

 

△でオタルエバープルパレイを押さえる。

今回のメンバーを見ると前走逃げた馬が5頭。

その内カジュフェイス・オタルエバー・プルパレイは2戦連続で逃げている。

どう考えてもペースが速くなりそうで差し馬有利な流れになりそう。

ただ過去記事で書いたデスデータ突破馬にオタルエバー・プルパレイがいて個人的にはこの2頭は評価1・2位だった。

展開が向くとは思えないが、切っったら後悔しそうなので押さえます。

 


最後に今回選んだ推奨穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

2連勝で迎えた前走初重賞挑戦はスタート直後の接触で最後方からの最悪の競馬。

それでも上り最速で着順的にも悪くないところまで迫った。

2走前にも上り最速の脚を使っていて流れる展開になれば嵌る可能性は十分ありそう。

(D) ?????

先ほども述べたが、前走OPクラス出走馬の戦績は極めて悪い。

ただこの馬の魅力は何と言っても「勢いのあるディープインパクト産駒」ということ。

前走逃げてはいるが、新馬戦では後方から控える競馬で勝っている。

前走は逃げて上り2位、前々走では上り最速で両レースともコンマ3秒差の完勝。

個人的にはこの馬が3~4番人気になっても良いくらいの馬だと思っているので、この人気ならお買い得でしょう。

(E) トウシンマカオ

血統的にマイルは微妙だとは思うが、新馬で1600m戦を完勝。

前走は重賞でもキッチリ2着に好走し、鞍上が戸崎騎手というのも魅力。

前走の3着馬は阪神ジュベナイルフィリーズ2着のラブリイユアアイズだが、人気もあまりないので妙味ありだと思います。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です