朝日杯フューチュリティステークス2020予想 枠順確定後の最終結論

今回は朝日杯フューチュリティステークス2020の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 

 


枠順傾向の記事では1~10番ゲート有利と判断しています。

現時点の総合オッズを見ると、レッドベルオーブ・ステラヴェローチェ・ホウオウアマゾン・モントライゼが上位人気4頭となっているので、この4頭の配置を見ていきます。

 

まずは4枠7番ステラヴェローチェ4枠8番レッドベルオーブですが、程良い中枠を引いて文句のない配置でしょう。

 

次に7枠13番ホウオウアマゾン7枠14番モントライゼですが、先行脚質の馬で外枠というのはやや割引材料ですね。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(3連単)

(1着)
4枠8番レッドベルオーブ

(2・3着)
穴馬(C)(D)(E)(F)

(2・3着)
4枠7番ステラヴェローチェ
7枠13番ホウオウアマゾン
7枠14番モントライゼ

各100円×24点

(計 2400円)

 

3連単勝負です。

上位人気馬から頭で選んだのはレッドベルオーブ。

枠も良い所に入り、2戦連続レコード勝ち。

ホウオウアマゾンやモントライゼの人気馬が外枠に入り、ステラヴェローチェは道悪巧者の疑念が晴れず。

そうなるとこの馬が最も馬券に近い存在だと思います。

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)(E)(F)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C)

ピンかパーかというタイプではあるが、気分良く走ればかなりの力を秘めていそう。

鞍上と枠順込みでこの馬を挙げます。

(D)

2・3戦目のパフォーマンスは圧巻。

今回間隔は空いたが、枠も良い所を引き2戦連続先行上り最速の脚に期待します。

(E)

枠はやや外目に入ったが、2走前は3着でその時の1・2着馬は阪神ジュベナイルフィリーズの1・3着馬。

父を見ても距離短縮は好材料かもしれません。

(F)

2歳戦に強いダイワメジャー産駒。

先行しながらも、2戦連続上り最速の脚を持つ。

このレースは大穴が突っ込んでくるレースで、かなりの人気薄なので思い切ってこの馬を狙ってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です