新着エントリー

有馬記念2021予想 枠順確定後の最終結論

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


本命馬や軸馬は上位人気馬から選ぶが、「どうしてもこの馬しか考えられない」という時以外は1番人気の軸、もしくは1着固定は買わない。

そこで狙い目は2~4番人気、広げても5番人気辺りまでの1着固定か軸固定。

1番人気が来たら仕方ないと諦めます。

 

そして今回は3連単で勝負です。

以上確定した枠順や週中記事で書いた内容を考慮して今回の1着固定馬は

 

4枠7番クロノジェネシス
5枠10番エフフォーリア

 

悩みに悩んだが結局は無難にこの2頭を1着固定としました(;^_^A

やはり頭で狙うとしたらこの2頭しかないでしょう。

更に言うと個人的にはこの2頭の圏外は考えられない。

そうなるとこの2頭を軸として高回収率を得るにはどうするか?

自分の選択肢は徹底的に無駄を省いた少点勝負 or 穴馬2着付けのどちらか。

そして最終的に出した結論は穴馬2着付けです。

圏内3席の内2席はこの2頭で埋まるが、但しこの2頭のワンツーでは決まらないという考えです。

 

そう考えたのは少なからず理由がある

エフフォーリアは蹄不安があり今回接着装蹄で本番に挑む。

またこの馬は2500m以上の距離が未経験で、過去10年で圏内に入った3歳馬の前走は…

 

サートゥルナーリア(天皇賞秋)
ワールドプレミア(菊花賞)
ブラストワンピース(菊花賞)
サトノダイヤモンド(菊花賞)
キタサンブラック(菊花賞)
トゥザワールド(菊花賞)
ゴールドシップ(菊花賞)
オルフェーヴル(菊花賞)

 

やはり長距離経験というのは重要で、馬齢は違えどあのアーモンドアイも単勝1,5倍を背負ってこのレースに挑み、初の2500m戦で惨敗という過去がある。

アーモンドアイと同じとは言わないが隙はあるということ。

 

そしてクロノジェネシスだが、この馬の場合はエフフォーリアとは違い距離実績は昨年で実証済。

ただこの馬の懸念材料は凱旋門賞から帰国後調教がイマイチということ。

前走凱旋門賞で7着だったダメージが残っているのかもしれない。

ちなみに過去10年の1着馬は前走海外遠征馬を含め全馬が前走4着以内

どちらかというとエフフォーリアよりこの馬の方が危うさはある。

それでも仮に体調が8分でもこのメンバー相手なら圏内なら十分確保できると思う。

以上がこの馬2頭の評価です。

 

そして無駄を省くために上位人気馬からステラヴェローチェとタイトルホルダーは消す。

単騎逃げが望めない大外枠のタイトルホルダー、土曜の馬場を見ても内枠先行が目立ち後方脚質のステラヴェローチェはやや劣勢。

この2頭の実力は認めるが、無駄に点数を増やすほどの妙味はない。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回固定で1レース3600円としています。

(3連単)

(1着)
4枠7番クロノジェネシス
5枠10番エフフォーリア

(2着)
穴馬(C)(D)(E)
1枠1番パンサラッサ
6枠12番シャドウディーヴァ
7枠13番アカイイト

(3着)
4枠7番クロノジェネシス
5枠10番エフフォーリア

◉→★→◉各400円×6点=2400円
◉→△→◉各200円×6点=1200円

(計3600円)

 

推奨穴馬の他、押さえ穴馬として3頭を挙げたい。

まずは絶好枠を引き単騎逃げが見込めるパンサラッサ。

土曜馬場を見ると内枠先行が目立っていてこの馬の激走もあり得そう。

 

ついで爆穴だがシャドウディーヴァ。

過去記事の血統傾向で注目した馬。

血統だけで見れば父ハーツクライ・母父ダンチヒ系で有馬記念とは抜群に相性が良い。

東京専用機の馬なので信用度はイマイチだが、牝馬でありながらジャパンカップ7着という実績があるように2500mというスタミナを要する距離でハーツクライの血が騒ぐかもしれません。

 

最後にアカイイト。

この馬の場合は週中推奨穴馬だったが逆に評価を下げた。

近4年で5番人気以下で圏内に入った穴馬は3頭いるが、その内2頭が前走エリザベス女王杯組。

前走はボロボロの馬場を捲り気味に上がっていて、上り最速でコンマ3秒差の完勝。

大波乱のレースだったのでフロック視されそうだが、中山のスタミナを要する馬場はこの馬向きかもしれない。

20戦して上り4位以下が僅か1回という驚異の末脚を持つ。

がしかし…土曜の馬場を見ると枠順・脚質が真逆。

人気を考えると妙味がないので押さえとした。

 


最後に今回選んだ推奨穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

距離適性はやや長い。

更に過去記事で書いたデスデータにも多く当て嵌まってしまった馬でマイナス材料が多い。

ただ土曜馬場を考慮し、内枠・立ち回りの上手さ・鞍上の3セットで考えるとオッズ的には妙味十分。

昨年のこのレースでも敗れはしたが、コンマ1秒差以内にはラッキーライラック・ワールドプレミア・カレンブーケドールがいた。

オッズほど能力差は無いかもしれない。

 

(D) ?????

この馬も土曜馬場を考慮し、内枠・立ち回り勝負で選んだ。

2走前は内枠・立ち回りセンスでグローリーヴェイズ・レイパパレに先着。

中山コースは(2・5・1・2)複勝率80%と得意コース。

前走は展開が向かなかったのでノーカウント。

ベストな条件が揃った今回は面白いかもしれない。

 

(E) ディープボンド

昨年の春頃から覚醒して、その後のパフォーマンスはG1級。

このレースは菊花賞組の活躍が多いようにスタミナに長けている馬が強い。

そういう意味ではスタミナ・パワー比べならこの馬は上位人気馬にもそう劣るものではない。

枠順もベストな配置を引きチャンスは更に高まったと思う。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。