日経賞2021予想 枠順確定後の最終結論

今回は日経賞2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では1~12番ゲート有利と判断しています。

現時点の単勝オッズを見るとオセアグレイトが4番人気となっていますが、総合オッズで見ると実質4番人気はラストドラフトとなっています。

それを踏まえて上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは1枠2番ワールドプレミアすが、ちょっと内過ぎる気もします。

ただこの馬は内枠配置が過去に何度もあって脚質の割りに内枠はあまり苦にしない。

ベストとは言えないまでも割引くほどの材料でもないでしょう。

 

次に3枠4番ウインマリリンですが、絶好枠でしょう。

内枠先行が叶う申し分ない配置だと思います。

 

次に4枠7番カレンブーケドールですが、この馬もウインマリリン程ではないにしろ、好位をキープできそうな配置だと思います。

 

最後に7枠13番ラストドラフトですが、脚質を考えるとこの配置では終始外を走ることになりそう。

決して良い枠とは言えないですね。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(馬単)

(1着)
1枠2番ワールドプレミア
4枠7番カレンブーケドール

(2着)
穴馬(C)(D)(E)

各400円×6点

(計 2400円)

 

馬単勝負です。

上位人気馬から頭で選んだのはワールドプレミアとカレンブーケドール。

やはり実績を考えるとこの2頭が妥当かと思います。

 

ラストドラフトは結構狙っていたのですが、枠順を考えると頭で狙うには厳しいか。

ウインマリリンは絶好枠なんですが、カレンクラスの牝馬ならともかく、それ以下のレベルの牝馬で牡馬相手の長距離戦となるとちょっと手が出しにくい。

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

穴馬消去法の記事で唯一名前が挙がった馬。

また血統傾向の記事でも推した父ステイゴールド系。

正直ワンパンチ足りなく買いたいと思える馬ではないが、前走の有馬記念では超絶不利な大外枠でワールドプレミアとカレンブーケドールとコンマ3秒差で見所あり。

前走の走りなら今回は見直しても良いかもしれません。

(D) ?????

脚質傾向の記事で挙げたこの馬。

この馬はG2以下の非根幹距離のレースではとにかく走る。

今回は初めての2500m戦だが、菊花賞で5着に入選しているように距離が長いということはない。

去勢してからようやく前走で結果を残してきたようにまだ上昇の余地はありそう。

(E) シークレットラン

条件戦ではあるが中山2500m戦は2戦2連対。

近走の成績を見ても比較的長距離で好走。

鞍上も同じく過去5年で見るとこのコースの複勝率は40%超えで得意としている。

人気もあまりないようなので狙ってみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です