日本ダービー2021予想 枠順確定後の最終結論

今回は日本ダービー2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では1~7番ゲート有利15番ゲート以降不利と判断しています。

ちなみに土曜競馬は恐ろしいほどの外差し馬場でした。

 

これをどう判断するかは人それぞれですが、一応土曜馬場も考慮するが基本的にはダービーの傾向に沿って予想していきます。

現時点のオッズを見るとエフフォーリアとサトノレイナスを除く3~5番人気は殆ど差がない。

よって今回は上位人気馬5頭の配置を見ていきます。

 

まずは1枠1番エフフォーリアですが、ダービー枠というべき絶好枠ですね。

2~5番ゲートくらいまでの馬はエフフォーリアより前で競馬をしそうな馬もいないですし、スタートさえミスしなければ理想的なポジションが取れそうです。

ただ断然人気を背負っている馬だけに被せてくるような馬がいなければいいが…

 

次に5枠10番シャフリヤール7枠13番グレートマジシャン6枠12番ワンダフルタウンすが、3頭とも脚質的には好位差しタイプ。

一応土曜馬場から判断すると馬場の真ん中くらいが伸びており、そこまで悪い配置でもないかもしれない。

 

最後に8枠16番サトノレイナスですが、仮に日曜日も外差し馬場だったとしてもこの配置はプラス材料とは思えない。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(3連単フォーメーション/2・3着マルチ)

(1着)
1枠1番エフフォーリア

(2・3着)
穴馬(C)(D)(E)

(2・3着)
5枠10番シャフリヤール
8枠16番サトノレイナス
6枠12番ワンダフルタウン
7枠13番グレートマジシャン

各100円×24点

(3連単フォーメーション)

(1着)
5枠10番シャフリヤール
8枠16番サトノレイナス
6枠12番ワンダフルタウン
7枠13番グレートマジシャン

(2着)
1枠1番エフフォーリア

(3着)
穴馬(C)(D)(E)

各100円×12点

(計 3600円)

 

3連単勝負です。

頭で選ぶのは基本的に人気馬。

そして対抗馬も基本的に上位人気に近い馬。

波乱含みのレースでも確率論から考えて長い目で見るとこの買い方がベストだと思っています。

頭を選ぶ基準は複勝率の高そうな馬ではなく、飛ぶ可能性が高そうでも頭で狙えそうな馬です。

今回エフフォーリアのライバルは勝負付けが済んでいない強烈な末脚を持つサトノレイナスと思っていましたが痛恨の大外枠。

それなならば中心はエフフォーリアでいいんじゃないでしょうか。

ただ心配材料もあって、横山武史騎手が無敗の2冠馬というプレッシャーを背負いきれるかどうか?

絶好枠ではあるが、断然人気であるだけに最内でマークされたら抜け出せなくなる危険もあるかもしれない。

あとやはり日曜日も外差し馬場であったとしたら…

そこで軸はエフフォーリアだが2着付けも想定しておきます。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

枠順を見て週中候補馬を変えることにしました。

それくらいダービーは枠順が重要だと思います。

(C) ?????

この馬の場合は元々推奨する予定でしたが、血統傾向・穴馬消去法の記事で挙げた馬で3走前はシャフリヤールにも先着。

前走の敗戦だけでここまで人気がないのなら枠順も考慮すると妙味十分な穴馬だと思います。

(D) ?????

週中予想ではヨーホーレイクを挙げる予定でしたが、やはり武騎手が降りたのが気になるのと、それ以上に枠順でこの馬を上位に取りました。

前走も推奨穴馬として取り上げたが、先行馬でありながら皐月賞の8枠はやはり厳しかった。

それでも着順的には大健闘だと思う。

過去10年で5番人気以下の穴馬は8年圏内に来ているが、そのうちの7年は必ず7番ゲート以内から好走馬が出ていて、今回はその理想的な配置をゲット。

鞍上も信頼できる騎手なので人気を考えるとこの馬も妙味十分でしょう。

(E) タイトルホルダー

外枠の不利を相殺できるタイプを考えると逃げ・番手タイプ。

この馬は好走しても人気にならないタイプだが、今回も皐月賞2着の実績がありながら例のごとく人気薄。

舐めていると痛い目にあいそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です