新潟2歳ステークス2021予想 枠順確定後の最終結論

今回は新潟2歳ステークス2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では7番ゲート以降有利と判断しています。

土曜の新潟の馬場を見ると外差しが効いてました。

ここも過去傾向通り外枠有利ではないか。

 

現時点のオッズを見ると3強オッズとなっています。

よって今回は上位人気馬3頭の配置を見ていきます。

 

まずは1枠1番セリフォスですが、土曜馬場や過去傾向から考えると最内枠というのはマイナス材料。

他の有力馬が外目に入ったことも考えると微妙。

 

次に5枠6番オタルエバーですが、とりあえず内枠ではないので及第点か。

ただ差し有利なレースで前走逃げて圧勝したのは気がかり。

 

最後に6枠8番アライバルですが、外枠有利な差し馬という点ではベストな配置。

ただ鞍上はもう少し距離が伸びた方が良いというコメントをしているので、配置だけで堅軸とは言えないかも。

 

本命馬や対抗馬は基本的に1~4番人気の上位人気馬から選ぶのが基本。

かなりの大混戦やハンデ戦でもせいぜい6番人気くらいまでから選びます。

波乱含みのレースでも確率論から考えて長い目で見るとこの買い方がベストだと思っています。

 

そして今回は3連単で勝負したいと思います。

このレースは過去10年で1~4番人気馬の1・2着独占率は60%。

近3年の1・2着馬は全て3番人気以内馬。

しかも今回は少頭数ということも考えると穴馬は来ても3着までと考えています。

 

以上確定した枠順や週中記事で書いた内容を考慮して今回の1着固定馬は

 

1枠1番セリフォス
5枠6番オタルエバー
6枠8番アライバル

 

統計的に1~4番人気の馬が1着になる確率は大体75%。

そうなると頭固定は当然人気馬からで、3強どれもそれなりに不安要素はあるが素直に3強を頭固定とします。

 

そして対抗馬は

1枠1番セリフォス
5枠6番オタルエバー
6枠8番アライバル
5枠5番スタニングローズ

 

対抗馬は4・5番人気を争っているスタニングローズを追加した。

クレイドルも候補だったが、過去10年で前走上り3位以下の圏内馬は無し。

この条件に該当するクレイドルは割引。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回固定で1レース3600円としています。

(3連単フォーメーション)

(1着) 
1枠1番セリフォス
5枠6番オタルエバー
6枠8番アライバル

(2着)
1枠1番セリフォス
5枠6番オタルエバー
6枠8番アライバル
5枠5番スタニングローズ

(3着)
穴馬(C)(D)

各200円18点=3600円

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


 

最後に今回選んだ穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

兄弟にはイベリス・ベルカントといった重賞活躍馬がいる。

母や姉のイベリス・ベルカントも短距離向きの馬で正直距離はギリギリのライン。

ただ古馬ならともかく、2歳戦なら競争能力だけでやれてしまうのではないかとも思う。

前走騎乗した鞍上がもう少し距離が長めの方が良いというコメントもあり、配当的にも高回収率が見込めるのでこの馬を狙ってみます。

(D) ?????

脚質傾向の記事で書いた通りでこのレースは決め手がモノを言う。

新馬戦で出遅れたのが気がかりだが、この馬の前走の決め手はかなりのもの。

母父ヴィクトワールピサや母母ゴールデンジャックの血筋の影響か?

今回は前走と同じ左回りで、しかも前走より最後の直線が長いコースであれば更にその性能が発揮される可能性はあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です