新潟2歳ステークス2020予想 枠順確定後の最終結論

今回は新潟2歳ステークス2020の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

まずは土曜日の新潟芝レースの脚質と出目は以下の通りです。

 

 

全体的に目立つのは差し・追い込み馬の活躍。

そして好走馬の多くは中~外枠に集中しているということ。

ここ辺りを重視して予想していきたいと思います。

 

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは1枠1番シュヴァリエローズですが、前走のように好スタートが切れれば好枠でしょう。

ただ土曜競馬を見る限り、内枠先行と言うのはどうだろうか。

最内枠で下手に控えても詰まる可能性もある。

 

次に5枠5番フラーズダルムですが、内過ぎず外過ぎずベストな配置だと思います。

 

次に7枠9番ブルーシンフォニーですが、前走も中団くらいからの競馬だったので、包まれない外枠は良かったでしょう。

 

最後に8枠11番ショックアクションですが、少頭数なので問題無いと思うが、先行馬なので欲を言えばやはり中枠くらいが良かったかな。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(馬単)

5枠5番フラーズダルム  穴馬(C)(D) (各400円)

7枠9番ブルーシンフォニー → 穴馬(C)(D) (各400円)

8枠11番ショックアクション 穴馬(C)(D) (各200円)

(計 2000円)

 

穴馬の馬単2着付け勝負です。

まず消したのはシュヴァリエローズ。

土曜傾向から最内枠というのが微妙。

更に過去傾向から言うと前走上り3位以下、馬格も440キロ切るような馬は好走例が少ない。

 

逆に上位に取ったのはフラーズダルムとブルーシンフォニー。

まずフラーズダルムはグレイソブリン内包馬で、数少ないノーザンファーム生産馬。

前走の2着馬も次走であっさり勝ち上がっています。

鞍上もノッテいるので期待しています。

 

ブルーシンフォニーは土曜競馬から判断すると上位人気馬の中では枠順と脚質が一番合っている気がする。

 

ショックアクションは前走の勝ち方が素晴らしかったので押さえます。

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C)

前走は不良馬場だったが、逃げて上り最速をマークして楽勝。

土曜競馬を見る限り内枠・先行は微妙だが、父がディープインパクトということを考えると期待を込めてこの馬を推します。

(D)

土曜の馬場傾向から大穴でこの馬を挙げます。

近2走上り最速で前走は終始追っているようで距離不足だった感がある。

今回の距離延長はプラスに働くはず。

枠順も良い所を引いたので、面白いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です