新潟記念2020予想 枠順確定後の最終結論

今回は新潟記念2020の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では1~9番ゲート有利と判断しています。

土曜の馬場を見ると外差し優勢と思えますが、昨年も一昨年もインが荒れて内を開けて走る馬ばかりでした。

外枠の差し馬が来ると思われたが、結局は内枠優勢という結果でした。

特に穴馬に関しては内枠優勢が顕著で、盲目的に狙ってみても良いかなと思っています。

 

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは3枠5番ジナンボーですが、程良い内枠でベストな配置ではないでしょうか。

出遅れさえしなければ昨年以上のパフォーマンスも期待できそう。

 

次に6枠11番ワーケアですが、基本的に差し馬。

程よい中枠で特に問題ないでしょう。

 

次に2枠3番ピースワンパラディですが、距離不安があるこの馬にとっては内枠と言うのは良かったと思います。

ただ控えて詰まるリスクもありますが。

 

最後に8枠17番ブラヴァスですが、先行馬にとっってこの枠はあまり良くないですね。

ただ救いは今回ウインガナドル・ジナンボー以外でこれと言って前に行きたそうな馬が少ないこと。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(馬単)

3枠5番ジナンボー  穴馬(C)(D) (各300円)

8枠17番ブラヴァス 穴馬(C)(D) (各300円)

3枠5番ジナンボー  穴馬(E) (200円)

8枠17番ブラヴァス 穴馬(E) (200円)

6枠11番ワーケア 穴馬(C) (200円)

6枠11番ワーケア 穴馬(D)(E) (各100円)

(計 2000円)

 

穴馬の馬単2着付け勝負で、今回は少し手を広げます。

上位人気馬から重視したのはジナンボーとブラヴァス。

 

ジナンボーの前走は出遅れたことが痛かった。

まともに先行さえできれば大阪杯6着の実績は伊達ではない。

 

ブラヴァスは外枠は痛いものの展開的には、前に付けれる可能性は十分ある。

何より今となって本格化してきた成長力は侮れない。

 

ワーケアは押さえで。

もっと人気が無ければ逆に断然買いなのだが、過去に3歳馬で馬券になったのはブラストワンピースだけ。

さすがにブラストワンピースと比べるには酷だと思う。

仮にも2歳G1の3着馬、頭で来ても仕方ないかもしれないが、1番人気で買うには妙味無しですね。

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

先ほども書きましたが盲目的に内枠勝負です。

(C)

脚質傾向の記事で書いたのですが、このレースは過去の走りから前に行かないであろう馬が内枠に入った途端、先行してしまうケースが多々あります。

しかも先行馬の複勝率はかなり高い。

この配置でこの鞍上なら、距離不足を補うために果敢に前で競馬をするかもしれない。

能力自体は十分あるので、先行さえできればチャンスはあると思います。

(D)

過去10年で5番人気以下が圏内に来た頭数は21頭でその内9頭が小倉記念組。

前走は展開が嵌った感が満載だが、今回も枠順的には悪くはない。

前走好走したにもかかわらず、今回も舐められているようなので狙ってみます。

(E)

日曜の天気は晴れ予報。

良馬場で左回りならこの馬の能力が最大限に発揮できる舞台。

あとは展開が向くかどうかだけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です