愛知杯2021予想 枠順確定後の最終結論

今回は愛知杯2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では9番ゲート以降有利と判断しています。

ちなみに先週月曜の馬場は差し・追い込みが効きやすくなっています。

 

現時点の4番人気はサトノダムゼルとシゲルピンクダイヤで争っていますが、最終的にはシゲルピンクダイヤを4番人気と想定しています。

 

それを踏まえて上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは3枠5番センテリュオですが、内の馬場はやや荒れ始めているし、中枠よりちょい外目くらいが良かったかも。

まあ最内枠でもないので及第点といったところでしょうか。

 

次に6枠12番レッドアステルですが、もう少し内でも良かったとは思いますが、先行差し自在な馬なのでこの枠で不利ということは無いと思います。

 

次に7枠15番シゲルピンクダイヤですが、前走は外目から先行して好走しましたが、今の馬場は外差し馬場に変貌しつつある。

だがこの馬は溜めても良い脚を使うので、外枠となった以上覚悟を決めて秋華賞のように差し狙いの方がかえって良いかもしれない。

あとはゲートにスンナリ入ってくれるかだけ。

 

最後に8枠18番マジックキャッスルですが、先週月曜の馬場を考えると外枠は決してマイナスではないだろうが大外枠はどうだろう。

最内枠に入るよりはマシだろうが微妙ですね。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(3連複フォーメーション)


3枠5番センテリュオ


6枠12番レッドアステル

7枠15番シゲルピンクダイヤ
8枠18番マジックキャッスル


穴馬(C)(D)

各400円×6点

(計 2400円)

 

3連複勝負です。

今回は逃げ馬多数・先行馬多数なので差し競馬にヤマを張ります。

上位人気馬から軸で選んだのはセンテリュオ。

実力・枠順・鞍上・逃げ馬3頭が作る展開を考慮すると最も無難に走ってくれそうなのはこの馬ではないだろうか。

ただルメール鞍上でありながら、この馬で人気が被らなかったのはそれなりの不安がある表れでしょうが‥

 

確かに昨年は期待を裏切ったがその時は最内枠の上にまだ発展途上。

しかし今年はカレンブーケドールを撃破する程に実力をつけ、枠順も昨年と比べればまだマシなほう。

またトップハンデは気になるところだが、改修工事後の7年間でハンデ55,5キロ以上を背負った馬は8頭中5頭が圏内に入り複勝率62,5%という驚異的な数字。

個人的には今回のハンデ56キロはむしろ推し材料として判断しています。

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C)

この馬に関しては過去傾向はガン無視です。

正直マイナス要素の方が大きい。

高齢馬・酷斤量で望みは薄いかもしれない。

ただ展開が嵌れば後方一気のこういうタイプの馬が穴をあけそう。

あとは逃げ合戦で淀みないペースになることを祈るのみ。

(D)

この馬を選んだ理由は(C)馬と同じ理由。

そして同コース重賞勝利があるというのも買い材料の一つ。

近走の上りを見てもまだ切れ味は十分ありそうなので、展開待ちだが一発ありそうな馬だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です