新着エントリー

弥生賞ディープインパクト記念2022予想 枠順確定後の最終結論

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


本命馬や軸馬は上位人気馬から選ぶが、「どうしてもこの馬しか考えられない」という時以外は1番人気の軸、もしくは1着固定は買わない。

そこで狙い目は2~4番人気、広げても5番人気辺りまでの1着固定か軸固定。

1番人気が来たら仕方ないと諦めます。

 

そして今回は3連単で勝負です。

以上確定した枠順や週中記事で書いた内容を考慮して今回の軸馬は

 

6枠7番ドウデュース

 

1番人気だがこの馬は外せないと判断した。

過去記事の脚質傾向で書いたことだが、改修工事後の過去7年で前走G1で3着以内 且つ 上り3位以内だった馬」がこのレースに挑んできたときの成績は該当馬が7頭いて6頭が圏内の複勝85,7%です。

このデータを基にドウデュースを軸馬とした。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回固定で1レース3600円としていますが、今回は4000円勝負です。

(3連単)

(1着) 
1枠1番ジャスティンロック
5枠5番マテンロウレオ

(2・3着)
6枠7番ドウデュース

(2・3着)
穴馬(C)
8枠10番アスクビクターモア

8枠11番ロジハービン
押さえ穴馬(D)

〇→◉⇔★各300円×12点=3600円
〇→◉⇔△各100円×4点=400円

(計4000円)

 

軸馬はドウデュースではあるがあくまで狙うのは2・3着付け。

そして1着付けでジャスティンロックマテンロウレオ2頭を選んだ。

理由は以下の通り。

先ほど過去7年で前走G1で3着以内 且つ 上り3位以内だった馬」がこのレースに挑んできたときの成績は複勝85,7%というデータを示したが、意外にも勝ち馬は1頭しかいない。

要するに絶対的な能力がありながらも、このレースでは取りこぼす確率が高いということ。

昨年も単勝1,3倍のダノンザキッドが3着に敗れましたね。

では過去7年でどんな馬が1着になったかというのを調べてみると、…

 

2021年 タイトルホルダー ホープフG1 4着
2020年 サトノフラッグ 1勝クラス 1着
2019年 メイショウテンゲン きさらぎG3 5着
2018年 ダノンプレミアム 朝日杯 1着
2017年 カデナ 京都2歳G3 1着
2016年 マカヒキ 若駒S 1着
2015年 サトノクラウン 東京スポG3 1着

 

青字の馬は当日4番人気以内で6頭中5頭が該当。

そして青字の馬6頭中5頭が1着馬

また青字の馬6頭中5頭が前走距離1800m以上

また青字の馬6頭中5頭が前走OPクラス以上

 

このことから狙い目は前走距離1800m以上のOPクラス以上の1着馬

そうなると対象となるのはジャスティンロック・マテンロウレオ・リューベックの3頭で、更にここから4番人気以内の馬となりそうなのはジャスティンロックかマテンロウレオ。

よってこの2頭を1着付けとした。

 

上位人気馬からインダストリアは消した。

確かに前走は大物感がある走りだが、春の最大目標がNHKマイルカップで半兄のケイデンスコールもマイラー。

陣営は左にささる癖があるとのコメントもあり1着固定は微妙。

昨年のシュネルマイスターのように距離不安を押しのけてしまうかもしれないが、この馬を消して買い目を絞りたい。

 

そして穴馬に関してだが、もはや穴馬とは言えないがアスクビクターモアを選んだ。

週中筆頭穴馬候補だったはずが、現時点で謎のバカ売れ3番人気。

本来なら妙味無しで買わないところだが、ジャスティンロックとマテンロウレオを1着付けにしている影響か配当はそれなりに付くので押さえた。

2走前はドウデュースを差し置いて1番人気になった馬で、負けはしたがタイム差はコンマ1秒なら十分勝負になる。

 

そして穴馬2頭目だが、こちらも週中の予想と変わらずロジハービンを選んだ。

父ハービンジャー母父トニービン系でいかにもこのコースで走りそうな血統。

同コース実績2戦1勝・2着1回というのも頷ける。

前走は流れが向いたとはいえ明らかに不利なフルゲート大外枠からの好走。

今回も大外枠に入ってしまったが、少頭数なので前走よりは期待できそう。

 


最後に今回選んだ推奨穴馬(C)と押さえ穴馬(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

この馬は3番手候補で泣く泣く消す予定だったが、今回は手を広げても高回収が見込めるので買うことにした。

前走は推奨穴馬として激走してくれて回収率3000%超えをもたらしてくれた馬。

中山2000mの実績、重賞実績を考慮すればアスクビクターモアとここまでオッズ差が出るような馬ではない。

このオッズで買えるなら狙う価値は十分あります。

 

(D) ?????

この馬は苦い思い出がある馬で、前走気になっていないながらも迷って最終的に蹴って大魚を逃した。

それでも今回は当初から買うつもりが無かったが、鞍上・枠順・脚質を見て気が変わった。

内枠に入れば迷わず積極策に出る鞍上で、とにかくこの騎手の内枠は要注意。

馬自身もとにかく前にさえ行ければどうにか残してくれる馬。

騎手も馬も前向きという点で手が合うと思うし、能力的にもホープフルステークス2着のジャスティンパレスとコンマ1秒差の勝負をしたことがある馬。

人気もないようなので面白いと思います。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

3 件のコメント

  • 毎週参考にしてます♪
    そして主さんの買い目の馬3連復boxならほぼ的中してるのにと思ってますが一撃回収狙いからその戦い方になりますもんね。
    来週も楽しみにしてます♪

    • コメント有り難う御座います。
      そしてユウキさんのようにこのブログを参考にして頂いている方がいると思うと励みになります。
      3連複の件なのですが、よくお気付きになりましたね。
      全くその通りなんです。
      計算してみると3連複ならプラス収支なんです(-_-;)ですがブログタイトルに沿って狙うとなるとやはり3連単しかないし、もはや意地ですね(笑)
      これからも参考になるようなブログを作っていきたいと思います。
      自分の買い目を参考になさる時は3連複をお勧めします(^_^;)

      • 返信ありがとうございます
        僕は主さんの買い目をそのままboxで買えば良いのに捻ってよく外します笑
        見てると2.3着固定した馬が1.2着パターンもありますもんね
        3連復7頭boxか35点ですむ馬単もしくはワイドboxドーン!とかでも良さそうですね?
        そしたら的中率+回収率アップでブログ読者も増えそうですね
        増えた後のちのち販売になったら楽しみなくなるので出来れば無料更新でいてください

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。