府中牝馬ステークス2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回は府中牝馬ステークス2020の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは東京競馬場で行われる芝1800m戦。

登録馬10頭という少頭数で、高配当は望み薄。

点数を絞って狙うしかなさそうですね。

 

現在のnetkeibaさん想定オッズは以下の通りです。

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下がG2に昇格した過去9年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると追い込み馬が4勝も挙げています。

競馬の基本は前、それを考えると勝率・複勝率は極めて高いと言えます。

次いで先行馬が優秀ですね。

逆に逃げ馬は不振傾向にあります。

今回は単騎逃げが見込めそうなトロワゼトワルですが、データ的にはマイナス材料です。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・ディープインパクト

・スタミナ型サンデーサイレンス系種牡馬

・父ノーザンダンサー系×母父サンデーサイレンス系

 

です。

ディープインパクトは別格として、スタミナやパワーを要する血統が好走傾向にあります。

父ノーザンダンサー系に関しては母父に全てサンデーサイレンス系の馬しか馬券になっていません。

 

今回は該当馬を載せます。

 

シゲルピンクダイヤ
トロワゼトワル
フェアリーポルカ

 

以上3頭です。

 


次に上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

G2に昇格した過去9年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走3着以内or3番人気以内
② 前走間隔9週以上 

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年(開催数は9回)で9回。

そしてその9回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は8回です。

 

想定オッズではサラキアが4番人気となっていますが、実績を考慮してフェアリーポルカが4番人気でサラキアが5番人気以下と想定しています。

それを踏まえて想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

フェアリーポルカ
ラヴズオンリーユー

 

以上2頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

全兄は日経新春杯2着のレッドレオン。

想定オッズでは人気はないが、2走前に目黒記念1着・京都大賞典3着のキングオブコージの2着。

素質・実績を考えたら3着くらいなら狙ってみても面白いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です