新着エントリー

平安ステークス2022予想 枠順確定後の最終結論

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


今回は3連単で勝負で、まず1着馬から決めていきたいと思います。

「過去10年の1着馬全馬共通事項」

 

 

① 6歳以下
② 前走距離フェブラリーステークスを除く1800m以上

③ 前走9番人気以内(但しOPクラス以下出走馬は1番人気)
④ 前走馬体重451キロ以上
⑤ 前走から斤量同・増馬
⑥ 関西馬

 

ここまでで残った馬はオーヴェルニュ・ケイアイパープル・ダノンファラオ・テーオーケインズ・メイショウハリオの5頭。

 

ここから更に頭数を絞る作業となるが、全馬共通事項ではこれ以上見つからない。

そこで上記の表から例外と考える項目を挙げるとするなら年齢。

6歳以上で1着になった馬は2013年のニホンピロアワーズだけで、G1勝ちもあり斤量59キロを背負ったほどの実力馬で当日1番人気の馬。

この馬を例外と考えるなら①の項目を6歳以下→5歳以下に変更したい。

そうすると残った馬はダノンファラオ・テーオーケインズ・メイショウハリオの3頭。

 

そしてここから更に絞りたいのでもう一つ条件を付け加えたい。

 

⑦ 近4走以内に1着の経験あり

 

過去10年の1着馬全ての馬が⑦の条件に該当します。

これにより残った馬はテーオーケインズとメイショウハリオの2頭。

よってテーオーケインズとメイショウハリオを1着固定馬とします…と言おうと思ったのですが、今回は思い切って狙ってみたい。

狙ってみるというのはテーオーケインズの1着もあるが、2・3着または圏外という馬券。

海外遠征+斤量59キロで圧倒的1番人気。

隙がない訳ではなく、高配当を狙えるチャンスかもしれない。

よって馬券からは消さないが、テーオーケインズを対抗1番手とします。

そしてメイショウハリオを3着以内軸としました。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回1レース3600~4000円としています。

(3連単)

(1着) 
3枠5番メイショウハリオ

(2・3着)
2枠4番テーオーケインズ

(2・3着)
穴馬(C)(D)

◉→〇⇔★各200円×4点=800円

(1着)
2枠4番テーオーケインズ

(2・3着)
3枠5番メイショウハリオ

(2・3着)
穴馬(C)(D)

〇→◉⇔★各200円×4点=800円

 

(1着)
3枠5番メイショウハリオ

(2・3着)
1枠2番オーヴェルニュ
4枠8番スワーヴアラミス
4枠9番サンライズホープ

(2・3着)
穴馬(C)(D)

◉→▲⇔★各100円×12点=1200円

(1着)
1枠2番オーヴェルニュ
4枠8番スワーヴアラミス
4枠9番サンライズホープ

(2・3着)
3枠5番メイショウハリオ

(2・3着)
穴馬(C)(D)

▲→◉⇔★各100円×12点=1200円

(計4000円)

 

テーオーケインズを対抗1番手としたが、もし沈んだ場合、高配当狙いの対抗馬として以下の3頭を選んだ。

 

近走は昨年程の勢いはないが、中京巧者で昨年の覇者オーヴェルニュ

今年の中京開催の東海ステークスでオーヴェルニュを差しきったスワーヴアラミス

今回は展開的にも向きそうなサンライズホープ

 


最後に今回選んだ推奨穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

5走前から中距離路線に方向転換して比較的前目で競馬が出来るようになったのは良い材料。

そして1800m以上では(1・0・3・0)複勝率100%。

また現在11戦連続掲示板内という抜群の安定感。

中京の1800m以上では重賞を2回走って共に3着。

近4走中3走でメイショウハリオ・スワーヴアラミス・サンライズホープ相手に全て3着という実績も評価したい。

 

(D) ケイアイパープル

前走はほぼ後方勢独占というレースでありながら先行して掲示板内に残った。

今回は先行勢も少なくこの馬向きの展開が予想される。

大きく崩れない安定性も魅力である1頭です。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。