小倉2歳ステークス2020予想 枠順確定後の最終結論

今回は小倉2歳ステークス2020の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では1・2番ゲート不利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは6枠6番セレッソフレイムですが、新馬で番手競馬、前走は中団からの競馬。

脚質に幅がありそうで、枠も程良いところを引いたので問題ないでしょう。

 

次に7枠8番メイケイエールですが、新馬戦は4角3番手から圧勝。

逃げないで完勝したのはプラス材料。

枠的にも良い所に入ったと思います。

 

次に8枠9番モントライゼですが、新馬戦では控えて競馬をしたが惜敗。

前走は逃げて圧勝したので、今回どう出るか?

控える競馬が出来れば悪い枠ではないでしょう。

 

最後に8枠10番フリードですが、新馬戦は控えて大敗、前走は逃げてレコード勝ち。

こうなると持ち味を活かすには何が何でも逃げたいのでは?

となると少頭数とは言え大外枠は割引ですね。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(馬単)

7枠8番メイケイエール  穴馬(C) (500円)

8枠9番モントライゼ 穴馬(C) (1000円)

6枠6番セレッソフレイム → ◉穴馬(C) (500円)

(計 2000円)

 

穴馬の馬単2着付け勝負です。

上位人気馬から選んだのはメイケイエールとモントライゼとセレッソフレイム。

 

まずモントライゼの新馬の相手は現在3戦3勝OP2連勝のヨカヨカでタイム差無しの2着。

次走で圧勝していることからも、能力の裏付けはある。

 

そしてメイケイエールは新馬から控える競馬が出来て、圧勝していることから自在性がありそう。

逃げ一本やりの馬よりは信頼性があると思います。

 

セレッソフレイムは当初穴馬候補筆頭だったが、人気馬となってもやはり買います。

この馬も2戦目でヨカヨカと接戦しているのを評価します。

 

そして今回選んだ穴馬(C)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C)

想定オッズでは人気だったので敬遠予定だったが、ある程度狙えるオッズなのでこの馬で勝負です。

独自データで過去10年で好走率が高いデータを調べました。

・前走4角6番手以内
・前走3着以内、未勝利・新馬は1着
・前走上がり3F3位以内
・前走4番人気以内
・キャリア3戦以内
・前走未勝利戦勝馬は新馬戦4着以内

5番人気以下で上記の条件を全て満たした馬はこの馬だけです。

自分的に決め手がないのでデータ勝負です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です