新着エントリー

小倉記念2022予想 過去データ消去法と脚質・枠順・血統傾向

このレースは小倉競馬場で行われる芝1800m戦。

近2年は4番人気以下が総崩れと大荒れ傾向にあります。

更に今年は久しぶりの多頭数レースとなっており更に荒れる要素も高まった。

個人的には荒れるのは歓迎だが、バカ荒れは困りますね。

 

そして現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

それではこれから脚質傾向・枠順傾向・血統傾向・消去法・デスデータの順で調べていきます。

(注)消去法やデスデータは、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


脚質傾向データ 」

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると脚質的にはどこからでも入れそう。

その中でも上り3位以内馬は9勝挙げており、追い込み馬の複勝率が20%に近いというのはかなり驚異的。

先行勢も侮れないが後方勢中心で考えてみたい。

ただ近走の走りからは偏った傾向が見つからない。

そこで脚質傾向的に見て毎年必ず1頭は圏内に入っている条件を探しました。

それは…

 

① 4~5歳
② 前走上り6位以内
③ 当日6番人気以内

 

③を除くこの条件に該当する馬は

 

ジェラルディーナ
マリアエレーナ
プリマヴィスタ
ムジカ

 

以上4頭です。

あとはこの中から当日6番人気以内になった馬が推奨馬となります。

ジェラルディーナとマリアエレーナはほぼ確定でしょう。

あとはムジカが6番人気以内になるかどうかといったところですね。

 


枠順傾向データ 」

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると11番ゲート以内で9勝挙げています。

今年は久しぶりの多頭数レースでもありますし、極端な外枠はどうだろうか?

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると9番ゲート内までが比較的コンスタントに複勝率が高い。

外枠が来ない訳でもないがやはり外枠は割り引きたいですね。

上記のデータを考慮して

 

1~11番ゲート有利

 

と判断します。

 


血統傾向データ 」

過去5年の傾向は以下の通りです。

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

父に

・ディープインパクト
・グレイソブリン内包馬

又は

母父に

・ナスルーラ系
・ヴァイスリージェント系

です。

中でも注目は近3年で4頭馬券になっている母父ヴァイスリージェント系。

昨年は2頭が母父ヴァイスリージェント系でした。

 

今回の該当馬は

カテドラル
カデナ
スーパーフェザー
ヒュミドール
プリマヴィスタ
モズナガレボシ

 

以上6頭です。

今年の母父ヴァイスリージェント系はカデナ・スーパーフェザー・プリマヴィスタ・モズナガレボシの4頭です。

 


消去法データ 」

消去法は2012年以降の過去10年分のもので1~4番人気の上位人気馬消去法5番人気以下の穴馬消去法に分けています。

またこのデータは見方によっては捉え方は色々ですが、基本的に年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走芝2000mの重賞出走馬

 

想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

ジェラルディーナ
マリアエレーナ

 

以上2頭です。

非常に単純な条件ですが、上位人気馬が圏内に来た年は必ずこの条件で好走馬が出ています。

 

次に穴馬消去法です。

黄色部分は5番人気以下馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 7歳以下
② 斤量53キロ以上
③ 前走距離1800m以上
④ 前走10着以内
⑤ 前走上り6位以内 or 4角6番手以内

 

想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

シフルマン
スーパーフェザー
ヒンドゥタイムズ
プリマヴィスタ

 

以上4頭です。

結構人気薄の馬ばかりが残ってしまいました。

 


デスデータ 」

このレースにおいて極めて好走率が悪いデスデータを調べました。

対象は過去10年の5番人気以下限定のもので、このレースの5番人気以下馬の複勝率は17,6%です。

 

・8歳以上(0・0・0・8)複勝率0%
・斤量52キロ以下(0・0・0・13)複勝率0%
・前走馬体重519キロ以上(0・0・0・10)複勝率0%
・前走4角2番手以内(0・0・0・20)複勝率0%
・前走距離1700m以下(0・0・0・11)複勝率0%

 

今回はデスデータ突破馬の方が多かったので、このデスデータを突破できなかった馬を載せます。

 

アーデントリー
カデナ
シフルマン
ムジカ

 

以上4頭です。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(B)☟


中央競馬ランキング

(B) ?????

まだ枠順が確定していないので何とも言えないが、内枠を引けたら狙ってみたい。

この馬の良績は内枠に集中している。

血統傾向・穴馬消去法推奨馬でデスデータ突破馬。

人気的にも高配当が期待できそう。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。