小倉記念2020予想 穴馬過去データ消去法と枠順傾向

今回は小倉記念2020の穴馬過去データ消去法と枠順傾向の記事です。

 

現在のnetkeibaさん想定オッズは以下の通りです。

 


まずは枠順傾向から見ていきます。

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

複勝率で見ると内外で大きな差は感じられない。

フラットではないでしょうか。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ても内外満遍なく穴馬は好走している。

 

上記のデータを考慮して

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

ただ例年は開幕4日目だったのに対し、今年は開幕2日目。

そうなるとやや内有利という可能性もありますが、そこは土曜の馬場で判断したいと思います。

 


次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走距離2000m以上
② 関西馬
③ 前走1600万クラス以下だった馬は1着or1番人気

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は10回です。

 

今回の該当馬は

 

サラス
ノーブルマーズ
ミスディレクション
レイホーロマンス

 

以上4頭です。

 


前回の記事では穴馬候補を1頭挙げましたが、今回は2頭目の穴馬候補を発表します。

それはこの馬(B)☟


中央競馬ランキング

穴馬消去法からこの馬を挙げます。

やはり好走条件は内枠先行。

距離は短い気もしますが、このレースで好走歴もあり、要注意血統のトニービン持ち。

もう買うことは無いと思っていましたが、このメンバーならこの馬でも足りそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です