小倉記念2020予想 枠順確定後の最終結論

今回は小倉記念2020の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

ここで土曜日の小倉競馬場の芝レースの出目と脚質傾向を載せたいと思います。

 

 

開幕週の割りに内枠が優勢と言う程でもないですね。

むしろ勝ち馬は4枠以降から多く出ている。

それ以上に逃げ先行馬の活躍が目立ちます。

枠順はあまり気にせず、前で競馬が出来る馬を狙う方が賢明かもしれません。

 

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは1枠1番ノーブルマーズですが、間違いなく絶好枠。

とにかく内枠に良績が集中している馬です。

 

次に7枠11番サトノルークスですが、良い配置ではないでしょうか。

脚質的にも自分の競馬が出来そうです。

ただ土曜の馬場を見る限りでは微妙ですが。

 

次に5枠8番サマーセントですが、先行するにはもう少し内でも良かったかなという気はしますが、中枠なので及第点でしょう。

 

最後に8枠14番ランブリングアレーですが、これは痛いですね。

開幕週ということを考えると、やはりベストは先行内枠。

ただ土曜の馬場を見る限り、それ程悲観することも無いか。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(馬単)

7枠11番 サトノルークス  穴馬(C)(D) (各500円)

8枠14番ランブリングアレー 穴馬(C)(D) (各500円)

(計 2000円)

 

穴馬の馬単2着付け勝負です。

 

上位人気馬から選んだのは7枠11番サトノルークス8枠14番ランブリングアレー

頭で狙える馬と考えると、ノーブルマーズとサマーセントでは決め手不足。

 

サトノルークスの決め手はセントライト記念や菊花賞で証明済み。

長期休養明けを叩いた今回はもう少しやれていいはず。

鞍上も川田騎手であれば、もう少し前目で競馬をしそうなのでその点も買い材料です。

問題は土曜馬場ですが、格でねじ伏せてくれることを期待します。

 

ランブリングアレーは枠は決して良くないものの、勢いづいたディープインパクト産駒は怖い。

軽視したら痛い目にあいそう。

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C)

絶好枠に入った。

あとはこの馬の競馬をするだけ。

血統的にもトニービン持ちなのでこの馬を推します。

(D)

枠順はイマイチも前で競馬が出来そうな穴馬は(C)かこの馬だけ。

番手くらいで競馬が出来れば、斤量と土曜馬場を考慮すればチャンスはあると思う。

とにかく綺麗なスタートを決めて欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です