小倉大賞典2021予想 枠順確定後の最終結論

今回は小倉大賞典2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では1・2番ゲート有利と判断しています。

ここで土曜小倉競馬芝レースの出目と脚質を載せました。

 

 

これを見ると開幕4日目ではありますが、差しも届いています。

枠順では圧倒的に外枠優勢。

1~4枠で5頭が圏内、5~8枠で13頭が圏内。

傾向的には1・2番ゲートが要注意だが、今回はトーラスジェミニとディアンドルの作る流れも考慮すると外差し馬場の可能性が大いにありそうな気がします。

 

現時点の4番人気はデンコウアンジュですが、これは蛯名騎手への応援馬券でしょう。

総合オッズをみると実質4番人気はアールスターです。

 

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは3枠6番アールスター4枠7番フェアリーポルカですが、土曜の馬場から判断すると3・4枠はやや割引評価ですね。

 

次に1枠2番ヴァンケドミンゴですが、例年通りなら絶好枠だが今の小倉は外枠有利で最内枠となるとどうだろう‥

 

最後に8枠15番ボッケリーニですが、今の小倉は内枠劣勢だが大外枠というのもまた極端。

出来れば5・6枠辺りがベストだったと思います。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(馬単)

(1着)
8枠15番ボッケリーニ
4枠7番フェアリーポルカ
3枠6番アールスター

(2着)
穴馬(C)(D)

各400円×6点

(計 2400円)

 

馬単勝負です。

上位人気馬から頭で選んだのはボッケリーニとフェアリーポルカとアールスター。

勢いのあるボッケリーニとコース適正抜群のアールスターは残したかった。

迷ったのはフェアリーポルカとヴァンケドミンゴだが、枠順差と福島でしか走らないという理由でヴァンケドミンゴの評価を下げた。

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

当初穴馬候補だったテリトーリアルは土曜馬場を考慮して内枠先行馬という理由で消した。

(C)

血統傾向・脚質傾向・穴馬消去法の記事の全てで名前が挙がったこの馬。

昨年の好走馬でもありコース実績は問題なし。

あとは展開待ちだが、今回は幸いにもディアンドルとトーラスジェミニがいる。

速い流れを作ってくれれば後方一気の末脚が炸裂するかもしれない。

(D)

消したテリトーリアルの代わりにこの馬を挙げます。

枠順的には内過ぎず外過ぎず程よい配置に入った。

基本は先行だが2走前には差し競馬でも結果を出している。

その時負かした相手は現在3番人気のヴァンケドミンゴ。

だが現時点でこの2頭の人気にはかなりの格差がある。

それを考えると妙味的にも狙う価値がある穴馬だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です