富士ステークス2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回は富士ステークス2020の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは東京競馬場で行われる芝1600m戦。

今年からG2に格上げされました。

想定人気では上位人気馬に低レベルと言われている3歳勢が多く、一波乱ありそうか。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下がG3時代の過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると勝率・複勝率共に先行勢が有利ですが、前走傾向から調べても突然脚質転換して先行したりする馬が多く、明確な傾向は判りませんでした。

ただ登録馬を見るとモズダディー・ラウダシオン・シーズンズギフト辺りが先行勢となりそう。

この中で有力な先行馬となるとやはりラウダシオンか。

 

逆に逃げるのはスマイルカナになりそうだが、逃げ馬の成績は壊滅的。

オークスは距離適性外としてもベスト距離の東京1600mで惨敗している。

東京コース自体にも不安はありそうです。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・ディープインパクト
・キングカメハメハ

 

です。

ノーザンダンサー系もチョコチョコ好走していますが、複勝率で見ると大した数字ではありません。

 

今回の該当馬は

 

ケイアイノーテック
サトノアーサー
スマイルカナ
レイエンダ
ヴァンドギャルド

 

以上5頭です。

 


次に上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

G3時代の過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 5歳以下
② 前走4着以内又は2番人気以内  

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は10回です。

 

現在の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

スマイルカナ
タイセイビジョン
ラウダシオン

 

以上3頭です。

サトノアーサーが消えましたが、このレースは6歳以降の馬は極めて好走率が低いです。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

次こそは来るだろうと思っても結局は来ない馬だが、前走・前々走のG1であれだけ走れれば十分ここでも足りそう。

今回は幸いにも頭数も少なく、スマイルカナが引っ張ってくれる展開も有難い。

馬柱だけ見ると買える馬ではないが、G1を勝利した東京マイルなら買えない馬ではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です