宝塚記念2021予想 枠順確定後の最終結論

今回は宝塚記念2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では7~10番ゲート不利と判断しています。

ただ前回の記事では例年と開催週が違うので判断が微妙と書きました。

そして以下が土曜競馬の出目と脚質です。

 

 

もしかしたら内枠有利で先行馬有利になるのではと思っていましたが、出目は圧倒的に5枠以降の外枠有利で、差し・追い込みも決まっていました。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは2枠2番レイパパレですが、これは絶好枠でしょう。

ただ問題は1枠1番のユニコーンライオンの存在。

控えても競馬はできるが、逃げた方が持ち味が活きそう。

川田騎手なら強気な競馬をすると思うのですが、仮にユニコーンライオンの坂井騎手が主張してくるようなら…そこはやや心配ですね。

 

次に5枠7番クロノジェネシスですが、常に4角では5番手以内で競馬をしている馬なのでもう少し内でも良かったかなと思う。

ただ土曜競馬を見る限りではマイナスになることはないか。

 

次に6枠9番アリストテレスですが、この馬もクロノジェネシスと同じように4角では先行集団に取り付けたい馬。

出来ればクロノジェネシスより内枠が欲しかったのではないか。

 

最後に7枠10番カレンブーケドールですが、少頭数なので悲観するほどではないが、番手or3番手くらいで競馬をしたかったはず。

やや外寄りなのはマイナスですね。

 

本命馬も対抗馬も基本的には1~4番人気から選ぶのが基本。

かなりの大混戦やハンデ戦でもせいぜい6番人気くらいまでから選びます。

波乱含みのレースでも確率論から考えて長い目で見るとこの買い方がベストだと思っています。

 

以上確定した枠順や週中記事で書いた内容を考慮して今回の本命馬は

 

5枠7番クロノジェネシス

 

当たり前すぎて申し訳ないですが、普通に考えたらこの馬が圏内から消えるとは考えずらい。

 

そして対抗馬も順当に

2枠2番レイパパレ
6枠9番アリストテレス
7枠10番カレンブーケドール

 

当たり前すぎますが、クロノジェネシス同様この3頭が揃って消えるとも考えづらい。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが3連単勝負です。

 

(3連単フォーメーション/2・3着マルチ)

(1着)
5枠7番クロノジェネシス

 (2・3着)
2枠2番レイパパレ

6枠9番アリストテレス
7枠10番カレンブーケドール

 (2・3着)
穴馬(C)

各600円×6点

(計 3600円)

 

上位4頭で馬券を組むか、穴馬から馬券を組むかで迷いましたが、やはり穴狙いで勝負です。

ただ穴狙いにしても今回のメンバーだと高回収率を狙うには点数を絞った買い方しかない。

 

軸馬はクロノジェネシスで問題ないと思うが、この馬を何着付けにするかが重要。

個人的な考えでは、相手なりではあるが勝ち切れないカレンブーケドール、ルメール騎手が選ばなかったアリストテレスの頭はないと思う。

 

頭の選択肢はクロノジェネシスかレイパパレ。

買い目を絞るにはこのどちかしか選べない。

勢いに乗ったディープ産駒は怖いが、レイパパレは今回はノーマークで楽逃げできないであろう。

そして土曜の馬場傾向からもちょっとズレている。

よってクロノジェネシス1頭軸の頭固定。

クロノジェネシスを頭固定にするとなると回収率的に穴馬も絞る必要がある。

いつもなら推奨穴馬3頭を選んでいるが、今回は1頭のみで勝負です。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


 

最後に今回選んだ穴馬(C)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

コース適性は十分すぎる程証明済。

そして今のこの馬にとっては最高であろう枠順をゲットした。

問題のスタートだが、今回の鞍上はスタート技術に定評があり心強い。

年齢的に嫌われそうだが、血統傾向的にも過去記事で紹介したグレイソブリン内包馬で、また過去10年全ての年で父or母父にミスプロ系を持つ馬は必ず好走している。

今年の対象馬は僅か3頭で現実的に考えても可能性があるのはこの馬だけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です