安田記念2021予想 過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向

 

今回は安田記念2021の過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

現在のnetkeibaさんの予想オッズと出走予定馬は以下の通りです。

 

 

このレースは東京競馬場で行われる芝1600m戦。

何と言っても注目はグランアレグリアですね。

もはや死角なしと思える名牝ですが、敢えて不安材料を挙げるとすれば初の中3週での競馬。

3歳時とは比べ物にならない別馬となっていますが、NHKマイルカップでは中4週で挑んで4着入選で降着5着という結果。

この馬に付け入る隙があるとすればこれくらいかもしれません。

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると逃げ馬の複勝率がかなり良い。

ですが逆に上り1位の複勝率も80%超えとかなり高いです。

今回の登録馬で逃げ馬となるとトーラスジェミニが最有力。

だがトーラスジェミニでは明らかに格不足。

ここは上り1位に焦点を絞って好走馬を探していきたいと思います。

まず上り1位で圏内に入った馬は9頭いますが、その内2頭は前走海外遠征のアーモンドアイとジャスタウェイ。

この2頭を除く7頭全てに共通点する点を調べると

 

①前走4角10番手以下
②前走上り3位以内
③前走5番人気以内

 

この条件に該当するのはグランアレグリア・カテドラルの2頭です。

 

また全体で見ても差し・追い込みで圏内に入った馬は21頭いますが、前走海外遠征のアーモンドアイとジャスタウェイを除く19頭中16頭は上記の条件の②前走上り3位以内と③前走5番人気以内に該当します。

ここでグランアレグリア・カテドラルに加えてケイデンスコール・シュネルマイスターが該当します。

上りや後方勢重視で考えるならグランアレグリアを筆頭にカテドラル・ケイデンスコール・シュネルマイスターは注目すべき存在です。

 


次は枠順傾向です。

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると勝ち馬10頭は全て極端な内外以外の4~14番ゲート。

ただ1~3番ゲートの複勝率は悪くはなく、15番ゲート以降からは圏内馬2頭のみです。

フルゲートの8枠付近はやや割引かもしれません。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると10から16番ゲートの複勝率が高めで、1~9番ゲートの穴馬はソコソコといった成績。

ちなみに近2年は3着まで4番人気以内での堅いレースでしたが、4・5着は両年とも内枠の穴馬でした。

やはりフルゲートの大外枠は不利と言えそうです。

ただ今年の登録馬は15頭なので大外枠の不利は気にしなくて良さそう。

 

上記のデータを考慮して

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

ただ10~14番ゲートに入った穴馬は要注意かもしれません。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・ノーザンダンサー系

です。

過去5年の複勝率だけで見ると目につくのは父ノーザンダンサー系ですね。

ディープインパクト産駒も好走していますが、複勝率で見ると実は13,6%という数字でたいしたことはない。

 

今回の該当馬は

 

シュネルマイスター

 

以上1頭です。

ただこのレースはかなりのリピーターレースで過去5年でロゴタイプ・アエロリット・アーモンドアイ・インディチャンプが複数回圏内に入っています。

これを血統傾向と判断して良いのか正直微妙なところです。

あくまで参考程度かもしれません。

 


次に消去法です。

消去法は上位人気馬消去法と穴馬消去法に分けています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走1番人気で1着 又は 前走上り2位以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で10回。

そしてその10回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は10回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

グランアレグリア
シュネルマイスター

 

以上2頭です。

ただ今回ルメール騎手はシュネルマイスターではなくグランアレグリアを選択した。

当然と言えば当然なので軸にするならやはりグランアレグリアですね。

 

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走4着以内or4番人気以内
② 前走上り3位以内or4角3番手以内 

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去10年で8回。

そしてその8回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は6回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

カテドラル
ケイデンスコール
ダノンプレミアム
ラウダシオン

 

以上4頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

(A) ケイデンスコール

脚質傾向・穴馬消去法で挙げた馬。

3走前得意の左回りで長いスランプから抜け出し、近2走は苦手だったはずの右回りで2戦1勝2着1回と完全復調。

3歳のNHKマイルカップではアドマイヤマーズの2着でグランアレグリアに先着という実績がある。

勢いを取り戻した今なら得意の左回りでもう一発あるかもしれない。

(B) ?????

この馬を推した材料はケイデンスコールと全く一緒と言ってよい程同じ理由。

脚質傾向・穴馬消去法で挙げた馬であり、近2走はこの2年近くの凡走が嘘だったような変り身。

3歳のNHKマイルカップではケイデンスコールと同じようにアドマイヤマーズの3着でグランアレグリアに先着。

近2走好走してはいるが相手のレベルが低いと判断された?想定オッズで、人気的には妙味ありです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です