新着エントリー

天皇賞秋2021予想 枠順確定後の最終結論

今回は天皇賞秋2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


 

本命馬は上位人気馬から選ぶが、基本的に1番人気の軸、もしくは1着固定は買わない。

ただ少頭数のレースや単勝1番人気が100円台のレース、グランアレグリアやアーモンドアイのように明らかに抜けている馬がいる場合は別です。

あくまで経験則ですが…

①自分が選んだ穴馬が圏内に突っ込んでくるレースは結構な確率で1番人気が飛んでいるように思える。

②統計的に見ても1番人気が1着に来る確率は大体3回に1回程度。

③順当に1番人気がくる時はレース自体もあまり荒れない。

 

そして今回は3連単で勝負です。

以上確定した枠順や週中記事で書いた内容を考慮して今回の1着固定馬は

 

5枠9番グランアレグリア

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回固定で1レース3600円としています。

(3連単)

(1着)
5枠9番グランアレグリア

(2着)
3枠5番エフフォーリア
1枠1番コントレイル

(3着)
穴馬(C)(D)
5枠10番カイザーミノル
7枠13番ペルシアンナイト
8枠16番ユーキャンスマイル

◉→〇→★(C)各800円×2点=1600円
◉→〇→★(D)各400円×2点=800円
◉→〇→△各200円×6点=1200円

(計3600円)

 

今回の3強を見ると個人的には4番人気以下とは格が違うと考える。

穴馬は来ても3着までと判断したので、今回は穴馬3着付けの3連単。

そして3強の中から1着固定馬としたのはグランアレグリア

回収率を上げるためには今回は頭を1頭に絞る必要がある。

そこで選んだのがこの馬。

 

選んだ理由は頭で狙える破壊力が最も高そうなのがこの馬だから。

ベスト距離はおそらくマイル戦。

ただ東京コースで良馬場なら3走前の同距離の重馬場で行われた大阪杯よりは明らかにパフォーマンスを上げてくるはず。

ヴィクトリアマイルでみせたあの圧巻の走りに期待したい。

喉鳴りの手術明けという心配はあるが、調教の動きは問題なさそうなのでこの馬から入る。

あとは天気が微妙なのでせめて稍重くらいまでで開催してほしい。

 

エフフォーリアは軸馬という考えならグランアレグリアよりこの馬を真っ先に選ぶ。

ある意味この馬は上位3頭の中で最も無難な馬だと思う。

ただ今回は回収率の関係上頭を1頭に絞る必要があってこの馬を2着付けにした。

 

そしてコントレイルだがやはりディープインパクト産駒の典型らしくピークは3歳までだったかも。

ジャパンカップではアーモンドアイに敗れたのは仕方ないにしても、牝馬のデアリングタクトやカレンブーケドールにタイム差無しの辛うじて2着。

近2走の走りを見ても良馬場の東京コースでグランアレグリアと勝負したら、たとえ2000mでも勝てるイメージが沸かない。

ただそれでも4番人気以下とは線引きできる馬なので2着付けとした。

 

最後に4番人気のカレンブーケドールだが古馬になってからのG1成績をみると先行馬らしく外枠に入るとパフォーマンスを落としているので消すことにした。

 

推奨穴馬(C)(D)の他、△大穴でカイザーミノル・ペルシアンナイト・ユーキャンスマイルを押さえる。

今回狙っていた馬が数頭いたが、それらの馬たちは明らかな太目残りや動きが悪い。

それならば紛れて大穴も期待できるのではないかと思い3頭をピックアップした。

まず選んだのはカイザーミノル。

過去10年で

① 馬齢6歳以下(0・0・1・44)
唯一の好走馬はダービー馬・天皇賞秋1着の経験があり前走毎日王冠1着のエイシンフラッシュのみ

② 前走クラスG3以下(0・0・0・12)

③ 5番人気以下の前走敗退時の着差1,1秒以上(0・0・0・25)

このデスデータというべき条件を突破した5番人気以下馬は僅か4頭。

そしてその4頭中最も人気薄がこの馬。

前走は初の1800m戦でポタジェとのタイム差は僅かコンマ1秒。

しかしオッズ差は距離不安のためか雲泥の差。

紐で押さえる理由は十分あると思います。

 

次いで選んだのはペルシアンナイト

年齢は7歳で枠順も決して良いとは言えないが、この馬の決め手に注目した。

近8走中上り3位以内は6回あって、その中にはG1も2戦含まれる。

高速決着歓迎ではないがこのオッズなら狙ってみたい。

 

最後にユーキャンスマイル

痛恨の大外枠だが押さえなら狙ってみても良いか。

東京コースでは過去に天皇賞秋4着、ジャパンカップ5着という実績を持つ。

陣営のコメントも「昨年とは具合、動きが全然違う」ということでそこに期待します。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


 

最後に今回選んだ推奨穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

土曜日のスワンステークスでサウンドキアラを2番手候補にしようと思ったら陣営が「まだ太い」なんてコメントを残すものだから、代わりにステルヴィオにしたらサウンドキアラの2着(-_-;)

そしてこのレースも狙っていたワールドプレミア・ヒシイグアス陣営が「動きが重い・太い」なんてコメントがあった。

今度こそそのコメント信じますよ。

2日連続で陣営コメントの影響で負けるのは勘弁して。

お願いだから来ないでね(祈り)

(C) ポタジェ

コース替わりの2日目で内有利なコースではあるが、スタート直後カーブに差しかかるため最内枠の馬は内で包まれるリスクがある。

その点この馬は内過ぎない内枠というベストな配置。

またカレンブーケドール以上に相手なり走法で前走や3走前の相手を考えればここでも十分やれるはず。

(D) ?????

このレースで6歳以上の馬は殆ど絡んだことがない。

2001年以降の東京コースで過去20年まで遡っても僅か3頭だけ。

ただこの3頭には共通点があって全て6番ゲート以内だったこと。

今回狙っていた馬が明らかな太目残りや動きが悪いということもあって、高齢馬ではあるがこの馬を狙うことにした。

格的には2枚くらい落ちる馬だが近走の走りから成長が伺える。

枠順もベストな配置を引き、他の有力馬がベストでないのならこの馬の残り目もあるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です