天皇賞秋2020予想 枠順確定後の最終結論

今回は天皇賞秋2020の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では1~3番ゲート不利と判断しています。

ここで土曜日の出目と決まり手を載せたいと思います。

 

 

出目を見ると1・2枠はほぼ死枠。

決まり手は完全な差し馬天国。

今回それほどペースは上がらなさそうだが、それでもこの傾向は無視できないですね。

 

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは4枠4番ダノンキングリーですが、前走はまさかの逃げでしたが、今回は戸崎騎手で他に行きそうな馬もいる。

枠順的にも先行するにはベストな配置でしょう。

 

次に5枠6番フィエールマンですが、中枠なら特に問題ないか。

溜めて末脚を発揮するだけ。

ただ距離的にこの馬にとっては短めなのと、発熱明けの影響がどうだろう。

 

次に6枠7番クロノジェネシスですが、脚質的には自在なので、中枠で問題ないでしょう。

 

最後に7枠9番アーモンドアイですが、昨年は内枠から先行策でしたが、今回はやや外寄り。

それでも少頭数ですし、脚は自在なので心配することもないか。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(3連単)

(1着)
7枠9番アーモンドアイ
6枠7番クロノジェネシス

(2着)
7枠9番アーモンドアイ
6枠7番クロノジェネシス

(2・3着)
穴馬(C)(D)

各500円×4点

(合計 2000円)

 

上位人気馬から選んだのはアーモンドアイとクロノジェネシス。

アーモンドアイの実力は今更言うことでもないので省略。

考えるのはクロノジェネシスの収拾。

 

馬柱を見ると良績は稍重・重に偏ってパフォーマンスを上げているように見える。

しかし、その稍重以上のレースは全て中10週以上の間隔を空けているレース。

逆に勝ちきれなレースは中9週以下のレースが多い。

こうなると渋った馬場しかベストパフォーマンスを発揮できないと判断するには早計かもしれない。

単純に間隔さえあけば良馬場でもかなりのパフォーマンスを上げる可能性は十分。

そう考えると宝塚記念の圧勝劇を考慮すると、ピークをやや過ぎたかもしれないアーモンドアイを負かせる馬はこの馬だけではないか。

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C)

当初の予定はダノンプレミアムだったが、土曜の傾向を見ると差し馬がかなり優勢。

そこで思い切ってプレミアムを消して、外差しが嵌りそうな上り特化のこの馬で勝負。

2000m前後で決め手を発揮しそうで、妙味も十分です。

(D)

この馬を逃げ馬としてではなく、差し・追い込み馬と割り切ってしまえば上位人気馬にそれ程劣ることはない。

前々走も上り2位でG1で2着、前走は上り最速で国際G1馬の2着。

やや距離が短めだが、大阪杯でも2着の経験があり守備範囲だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です