新着エントリー

北九州記念2022予想 過去データ消去法と脚質・枠順・血統傾向

このレースは小倉競馬場で行われる芝1200m戦。

注目は桜花賞3着のナムラクレアと前走圧勝したテイエムスパーダではないでしょうか。

その他にも復調してきたタイセイビジョンも侮れません。

良いメンバーが揃ったとは思いますが、このレースは荒れますかね。

そこに期待して狙っていきたいと思います。

 

そして現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

それではこれから脚質傾向・枠順傾向・血統傾向・消去法・デスデータの順で調べていきます。

(注)消去法やデスデータは、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


脚質傾向データ 」

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると複勝率では先行馬ですが、後方勢も侮れません。

そこでまず逃げ・先行で圏内に入った13頭を調べてみるとその内10頭が…

 

① 前走4角4番手以内
② 前走5着以内

 

この条件に該当する馬は

 

アネゴハダ
シンシティ
ディヴィナシオン
テイエムスパーダ
ナムラクレア

 

以上5頭です。

 

次いで上り3位以内で圏内に入った13頭を調べてみると、その内11頭が…

 

① 前走上り7位以内
② 前走4角4番手以下
③ 前走8着以内

 

この条件に該当する馬は

 

キャプテンドレイク
タイセイビジョン
チェアリングソング
ディヴィナシオン
メイショウチタン
レジェーロ

 

以上6頭です。

重複馬含め計10頭挙げましたが、あとは前に張るか後ろに張るかを決めればもう少し絞れそうです。

 


枠順傾向データ 」

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると意外と内枠の成績が良くない。

4番ゲート以内の成績が振るいません。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見てもやはり同じですね。

やはり中・外枠の方が好走率が高いです。

 

上記のデータを考慮して

 

4番ゲート以内不利

 

と判断します。

 


血統傾向データ 」

過去5年の傾向は以下の通りです。

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

父に

・キングヘイロー
・ロードカナロア

又は

母父に

・ダンチヒ系

又は

・サクラバクシンオー内包馬
・トニービン内包馬

です。

特に注目は近3年で3頭が該当する母父ダンチヒ系ですね。

あと昨年はミスプロ系が上位独占というのも気になるところです。

今回の該当馬は

 

キャプテンドレイク
ビオグラフィー
ファストフォース
ボンボヤージ
メイショウチタン
レジェーロ

 

以上6頭です。

今年の登録馬で母父ダンチヒ系はレジェーロのみとなります。

そして残りの5頭は全てロードカナロア産駒です。

 


消去法データ 」

消去法は2012年以降の過去10年分のもので1~4番人気の上位人気馬消去法5番人気以下の穴馬消去法に分けています。

またこのデータは見方によっては捉え方は色々ですが、基本的に年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 5歳以下
② 斤量52~56.5キロ
③ 前走2着以内or2番人気以内

 

想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

ナムラクレア

 

以上1頭です。

まあ普通に考えればこの馬でしょうね。

だけと飛んでくれたら馬券的には盛り上がるのだが…

 

次に穴馬消去法です。

黄色部分は5番人気以下馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 斤量51~57キロ
② 前走距離芝1000~1200m
③ 前走4着以内 or 二桁着順馬を除く3番人気以内 or 上り3位以内

 

想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

シンシティ
チェアリングソング
ディヴィナシオン
レジェーロ

 

以上4頭です。

 


デスデータ 」

このレースにおいて極めて好走率が悪いデスデータを調べました。

対象は過去10年の5番人気以下限定のもので、このレースの5番人気以下馬の複勝率は13,8%です。

 

・7歳以上(1・0・0・29)複勝率3,3%
・斤量50キロ以下(0・0・0・7)複勝率0%
・前走間隔中8週以上(0・0・1・29)複勝率3,3%
・前走敗戦馬の着差1,0秒以上(0・0・1・22)複勝率4,3%

 

このデスデータを全て突破した馬は

 

シンシティ
チェアリングソング
ディヴィナシオン
ボンボヤージ
レジェーロ

 

以上5頭です。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(B)☟


中央競馬ランキング

(B) ?????

前走は痛恨の大外枠で大敗。

今回は見直しても良いのではないか。

同コース成績(2・1・0・1)で着外に敗れたのは前走だけ。

2走前のG1戦でも1着馬とはコンマ3秒差で能力は十分ある。

あとは枠順次第だが、スンナリ先行できるようであればチャンスはあると思います。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。