新着エントリー

北九州記念2022予想 枠順確定後の最終結論

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


今回は3連単勝負で、まず軸馬(2頭軸)から決めていきたいと思います。

軸馬を決めるにあたっては過去の1着馬を基に決めていきます。

理由としては1着になり得る可能性の高い馬が、最も圏内に入る可能性が高いという考えです。

 

「過去10年の1着馬全馬共通事項」

 

 

① 7歳以下
② 斤量51~57キロ
③ 前走距離芝1000~1200m
④ 前走4着以内 又は 3番人気以内
⑤ 前走4角3番手以下
⑥ 前走敗戦馬の着差0,6秒以内
⑦ 前走馬体重442キロ以上
⑧ 前走間隔中3~7週

 

共通事項を挙げるとすればこんなところでしょう。

そして上記の条件から残った馬はタイセイビジョン・チェアリングソング・ディヴィナシオンの3頭です。

2頭軸にするためにはあと1頭削らなければならないので、新たな条件を追加します。

それは前走レース名。

4つのステップレースからしか1着馬は出ていません。

よって⑨の条件として

 

⑨ 前走CBC賞・アイビスサマーダッシュ・佐世保ステークス・バーデンバーデンカップ出走馬

 

これでタイセイビジョン・ディヴィナシオンの2頭にまで絞れました。

タイセイビジョンは脚質的に不安、ディヴィナシオンは格的にどうかという不安がありますが、ここはデータに従ってタイセイビジョンとディヴィナシオンを軸馬とします。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回1レース4000円としています。

(3連単)
2枠3番タイセイビジョン
7枠14番ディヴィナシオン
8枠16番ナムラクレア
1枠2番アネゴハダ
穴馬(C)(D)

◉→◉〇⇔★各100円×24点=2400円
〇→◉⇔★各100円×16点=1600円
(計4000円)

 

対抗馬1頭目はナムラクレア

斤量的に背負わされたなという感じはしますが、実績を考えれば外せないでしょう。

 

対抗馬2頭目はアネゴハダ

こちらは逆に斤量49キロと恵まれた。

小倉1200で重賞を2戦走って3着2回。

前走テイエムスパーダに離されたが、あちらは今回3キロ増。

前走は何もかもが上手くいった印象がある。

テイエムスパーダも捨て難かったがアネゴハダを選んだ。

 


最後に今回選んだ推奨穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

このレースは荒れるので高配当狙いでこの馬。

前走は枠順の恩恵もあって久しぶりに好走したとも言えるが、前走の好走がマグレと思われている今回が買い時かも。

過去記事で書いた脚質・血統・穴馬消去法推奨馬でデスデータ突破馬。

穴馬の中で全ての項目で名前が挙がったのはこの馬だけ。

近2年で3頭が好走している母父ダンチヒ系だが、今年の該当馬はこの馬だけ。

期待しています。

 

(D) ファストフォース

できればもう少し内目の方が良かったが、大外枠よりはマシ。

前走は痛恨の大外枠で大敗。

今回は見直しても良いのではないか。

同コース成績(2・1・0・1)で着外に敗れたのは前走だけ。

2走前のG1戦でも1着馬とはコンマ3秒差で能力は十分ある。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。