北九州記念2021予想 過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向

 

今回は北九州記念2021の過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

このレースは小倉競馬場で行われる芝1200m戦。

とにかく荒れるハンデ重賞で過去10年で6番人気以下の馬が8勝挙げています。

1着固定で人気馬を買うには危険なレースで手広く買うのが得策かもしれません。

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると先行馬の複勝率の高さ、後方勢が7勝挙げているという点が目立ちます。

まず圏内に入った先行馬11頭全てに共通する点を調べると

 

前走アイビスサマーダッシュ組
前走4角5番手以内の1着馬

 

11頭中7頭が前走アイビスサマーダッシュ組で前走4角位置などはそこまで気にすることはない。

ただ今回は該当馬がいません。

残る4頭はやはりある程度前目で競馬をした馬で全て1着馬でした。

今回これに該当するのはジャンダルム・ファストフォース・ファンタジステラ・ボンボヤージの4頭です。

 

次いで後方勢に注目して、上りから好走条件を調べました。

上り3位以内で圏内に入った15頭中12頭に該当する条件は

 

近4走中重賞で上り3位以内 or 近3走中OPで上り1位 or 2戦連続上り3位以内

 

この条件に該当する馬はアウィルアウェイ・ノーワン・レッドアンシェルの3頭です。

 


次は枠順傾向です。

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると内枠の1~4番ゲートの複勝率の低さが目立ちます。

ただ勝ち馬が3頭出ていることから、絶対不利とは言えないかも…

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると7番ゲート以降から好走馬が多く出ているのが分かります。

やはりこちらも内枠の成績は振るいません。

先週は外差しがかなり決まっていて、今週末も雨模様です。

データ以上に外優勢になる可能性もありそうです。

 

上記のデータを考慮して

 

7番ゲート以降有利

 

と判断します。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・サクラバクシンオー系
・キングヘイロー

又は

・トニービン内包馬馬

です。

キングヘイローやサクラバクシンオー系の活躍がかなり顕著ですが、今年は登録馬無し。

ただそれ以外では母父にトニービン、ジャスタウェイ・ルーラシップが内包しているのもトニービンでこの血を内包している馬も侮れません。

 

今回の該当馬は

 

アウィルアウェイ
アスコルターレ
エングレーバー
ノーワン
ボンセルヴィーソ
ロジクライ

 

以上6頭です。

 


次に消去法です。

消去法は上位人気馬消去法と穴馬消去法に分けています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 5歳以下
② 斤量56.5キロ以下
 前走2着以内or2番人気以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年で8回。

そしてその8回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は8回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

ヨカヨカ

 

以上1頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 6歳以下
② 斤量57キロ以下
③ 前走距離1200m以下
④ 前走3着以内or3番人気以内(3勝クラス以下は1着馬に限る)

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去10年で9回。

そしてその9回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は7回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

アスコルターレ
シゲルピンクルビー
ファストフォース
ボンボヤージ

 

以上4頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

大荒れするレースで5番人気以下が圏内に来た年は過去10年で9回。

そして9回中8回は7番人気以下の馬が圏内に突っ込んできている。

それを踏まえて穴馬を選びたいと思います。

(A) レッドアンシェル

斤量58キロで近2走は大惨敗ではあるが、昨年の勝ち馬である。

またこの馬の好走時期は寒くない時期に偏っていて4~9月の成績は(4・0・3・2)で勝率44%・複勝率77,7%とかなりの好成績。

今回は嫌な材料も多く人気落ち必至だが、逆に穴で狙うには十分すぎる妙味がありそうです。

(B) ?????

馬柱を見るととても買えない。

1200m戦も6戦して全て圏外。

ハンデ戦でなければ即消しの内容だが、血統傾向と脚質傾向で挙げた馬である。

前走の1200m戦では見所のある走りを見せており、今回モズスーパーフレアとファストフォースが作る流れと外差し馬場が嚙み合えば大穴として面白いかもしれない。

北九州記念だからこそ狙える穴馬である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です