新着エントリー

函館2歳ステークス2022予想 枠順確定後の最終結論

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


今回は3連単勝負で、まず軸馬(2頭軸)から決めていきたいと思います。

軸馬を決めるにあたっては過去の1着馬を基に決めていきます。

理由としては1着になり得る可能性の高い馬が、最も圏内に入る可能性が高いという考えです。

 

「過去10年の1着馬全馬共通事項」

 

 

① 前走1着
② 前走函館コース
③ 前走距離芝1000~1200m
④ 前走5番人気以内
⑤ 前走上がり5位以内
⑥ 前走初角4番手以内 且つ 4角3番手以内
⑦ キャリア2戦以内
⑧ 前走間隔中5
週以内
⑨ 前走斤量52キロ以上
⑩ 非ノーザンファーム生産馬

 

共通事項を挙げるとすればこんなところでしょう。

意外なことにこのレースでは過去10年でノーザンファーム生産馬の勝利は一度もありません。

当然ながら人気馬も多かったにも関わらずです。

そしてここまでで残った馬はクリダーム・ゴキゲンサン・ニーナブランドの3頭。

 

まだ3頭残っているのでここからもう1頭削りたいと思います。

そこでこのデータを取り上げたいと思います。

過去10年の1着馬の牡馬と牝馬の前走馬体重。

牡馬は506・496・476・476・476キロ。

牝馬は466・412・436・418・462キロ。

牡馬に注目するとある程度馬格のある馬しか1着になっていない。

逆に牝馬は小柄な馬でも1着になっています。

そこで以下の条件を追加します。

 

⑪ 牡馬の前走馬体重476キロ以上

 

これにより残った馬はゴキゲンサン・ニーナブランドの2頭。

人気薄なのでちょっと勇気がいりますが、今回はゴキゲンサンとニーナブランドを軸馬とします。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回1レース4000円としています。

(3連単)
6枠9番ゴキゲンサン
7枠11番ニーナブランド
4枠5番スプレモフレイバー
3枠3番クリダーム

穴馬(C)(D)

◉→◉〇⇔★各100円×24点=2400円
〇→◉⇔★各100円×16点=1600円
(計4000円)

 

軸馬がかなり人気薄なので対抗馬は順当に人気馬から。

まずはスプレモフレイバー

2歳戦に強いダイワメジャー産駒で母父サクラバクシンオー。

前回記事の上位人気馬消去法でも残った馬で前走は完勝。

本来なら軸馬にしたかったくらいなので、ここは対抗馬筆頭。

 

対抗馬2頭目はクリダーム

父ハーツクライで1200mというのが微妙な気もするが、前走は同じく上位人気馬のミシェラドラータに先着。

そしてその主戦騎手の鮫島騎手がミシェラドラータではなくブトンドールを選択しているのなら素直にクリダームを選んだ。

 


最後に今回選んだ推奨穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

週中穴馬候補はブトンドールだったが予想以上に人気になってしまったので、今回は他の馬に変更することにした。

(C) ?????

想定人気より遥かに下回っており、意外と美味しい馬かもしれない。

父キズナで母父サクラバクシンオー、いかにもこのレースで走りそうな血統だと思う。

馬格も十分あり、連戦の意気込みも買って押さえておく。

 

(D) ロッソランパンテ

このレースは2014年以降から8年中7年で二桁人気馬が馬券に絡んでいます。

よって選んだ理由はシンプルで二桁人気馬であるということ。

まあそれ以外にも選んだ理由はあって鞍上の三浦騎手は過去5年で同コースに8回騎乗して(1・0・3・4)複勝率50%と得意としている点で評価しました。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。