函館2歳ステークス2021予想 枠順確定後の最終結論

今回は函館2歳ステークス2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では1~10番ゲート有利と判断しています。

ただ11頭立てということを考えると枠順で有利不利はあまり考えなくても良いでしょう。

また脚質もこの時期だと読めないので枠順考察は省略します。

 

本命馬も対抗馬も基本的には1~4番人気から選ぶのが基本。

かなりの大混戦やハンデ戦でもせいぜい6番人気くらいまでから選びます。

波乱含みのレースでも確率論から考えて長い目で見るとこの買い方がベストだと思っています。

 

以上確定した枠順や週中記事で書いた内容を考慮して今回の本命馬は

 

3枠6番カイカノキセキ

 

この馬を推した理由はまず2歳戦に強いキンシャサノキセキ産駒ということ。

そして新馬戦で控える競馬が出来ているということ。

ポメランチェは前走レコード勝ちの圧勝で人気になっていますが、400キロ以下という馬格の無さがどうしても気になる。

 

対抗馬は

2枠4番ポメランチェ
7枠9番メリトクラシー
8枠11番ナムラリコリス

 

素直に上位人気馬から選びました。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが3連単勝負です。

 

(3連単フォーメーション/2・3着マルチ)

(1着) 
6枠6番カイカノキセキ

(2・3着)

2枠4番ポメランチェ
7枠9番メリトクラシー
8枠11番ナムラリコリス

(2・3着)
穴馬(C)(D)(E)

各100円×18点

 

(3連単フォーメーション/2・3着マルチ)

(1着)
2枠4番ポメランチェ
7枠9番メリトクラシー
8枠11番ナムラリコリス

(2・3着)
6枠6番カイカノキセキ

(2・3着)
穴馬(C)(D)(E)

各100円×18点

(計 3600円)

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


 

最後に今回選んだ穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) イチローイチロー

昨年も好走したダイワメジャー系カレンブラックヒル産駒。

この時期に連闘で使うのは将来的にどうなのかとは思いますが意気込みは十分。

本気度はかなり高い気がします。

(D) ?????

穴馬消去法の記事で挙げた馬で、血統傾向では推奨しなかったが個人的には気になっている早い時期に活躍しそうな新種牡馬ドレフォン産駒。

過去7年で二桁人気馬が6年圏内に来ているくらいのレースなので、下から数えた方が早いくらいの人気薄を狙うならこの馬ですね。

(E) ?????

この馬も(D)馬と同じドレフォン産駒。

初戦はダートだったがこの産駒で勝ち上がった馬達はこの馬以外は全て芝レース。

前走ダート戦ということで低評価になっているなら逆に狙ってみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です