新着エントリー

函館記念2022予想 枠順確定後の最終結論

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


今回は3連単勝負で、まず軸馬(2頭軸)から決めていきたいと思います。

軸馬を決めるにあたっては過去の1着馬を基に決めていきます。

理由としては1着になり得る可能性の高い馬が、最も圏内に入る可能性が高いという考えです。

 

「過去10年の1着馬全馬共通事項」

 

 

① 7歳以下
② 斤量54~57.5キロ
③ 前走OPクラス以上の距離1800・2000・2500m
④ 前走敗戦馬の着差1.0秒以内
⑤ 前走6着以内 or 2番人気以内
⑥ キャリア33戦以内
⑦ 前走馬体重454キロ以上
⑧ 前走間隔中18週以内

 

共通事項を挙げるとすればこんなところでしょう。

そして上記の条件から残った馬はアラタ・サンレイポケット・マイネルウィルトス・ランフォザローゼスの4頭です。

ただまだ2頭には絞り切れていないので、ここから更に条件を追加していきます。

上記の全馬共通事項からはこれ以上見つからないので、上記のデータ以外の過去の10年の1着馬の共通事項を探して見ました。

残念ながら全馬共通とはいきませんが、8頭に共通する点を見つけました。

それは…

 

⑨ 近3走以内に初角or4角3番手以内を経験

 

前回記事でも書きましたが圧倒的に逃げ・先行・捲りが強いレースでとにかく4角で前に付けてないと厳しいレース。

そういう理由でこの条件を設けました。

この条件で残った馬はアラタ・マイネルウィルトスの2頭です。

よって今回はアラタとマイネルウィルトスを軸馬とします。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回1レース4000円としています。

(3連単)
3枠5番マイネルウィルトス
5枠9番アラタ
2枠3番フェアリーポルカ
8枠16番ランフォザローゼス
1枠1番ハヤヤッコ
穴馬(C)(D)

◉→★→★各100円×40点=4000円
(計4000円)

 

このレース決まりパターンは1着/5番人気以内1頭2・3着/7番人気以下2頭

このパターンが過去10年で8回もあります。

よって今回はアラタとマイネルウィルトスを1着固定とし、2・3着を穴馬としました。

そしてその穴馬だが、推奨穴馬以外の3頭は前回記事の穴馬消去法で推奨した7番人気以下のフェアリーポルカとランフォザローゼスの2頭。

もう1頭は距離・脚質・枠順からすると消し材料が多い気もするハヤヤッコ

日経賞ではタイトルホルダー相手にコンマ5秒差で、この時のように果敢に前で競馬をしてくれれば望みはあるかも。

 


最後に今回選んだ推奨穴馬(E)(F)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(E) ?????

父方にトニービンを持ち、母方にはロベルトを持っていて、いかにもこのレースとマッチしそうな血統。

前走は久しぶりの好走で勢いもある。

近5年で二桁馬番が4年馬券に絡んでいて、大穴をあけている。

傾向的にもこの枠順は良いかもしれない。

 

(F) ジェネラーレウーノ

函館記念と言えばロベルト内包馬。

函館記念と言えば逃げ・先行馬。

そして今回内枠を引き、鞍上やメンバー構成を考えると単騎逃げも可能かもしれない。

斤量も前走から一気に5キロ減となれば、面白い存在だと思います。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。