函館記念2021予想 枠順確定後の最終結論

今回は函館記念2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では1~8番ゲート有利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは2枠3番ワールドウインズですが、これは良い配置ですね。

内枠有利の先行馬で問題ないでしょう。

 

次に1枠1番カフェファラオですが、距離不安があるのでロスの少ない内枠と考えれば良いかもしれないが、ジャパンダートダービーの時に揉まれ弱い一面を見せたこともある馬。

決してプラスにはならないと思います。

 

次に4枠8番トーセンスーリヤですが、絶好枠とは言えないが、好走傾向にある8番ゲート内に収まった。

ここからならいつも通りの先行策ができるでしょう。

 

最後に5枠10番マイネルウィルトスですが、好走ゲートからは外れたが、中枠なら可もなく不可もなくといったところですね。

 

本命馬も対抗馬も基本的には1~4番人気から選ぶのが基本。

かなりの大混戦やハンデ戦でもせいぜい6番人気くらいまでから選びます。

波乱含みのレースでも確率論から考えて長い目で見るとこの買い方がベストだと思っています。

 

以上確定した枠順や週中記事で書いた内容を考慮して今回の本命馬は

 

4枠8番トーセンスーリヤ
5枠10番マイネルウィルトス

 

今回の本命馬は2頭です。

 

消したのはまずワイドファラオ。

トップハンデ・最内枠・初芝と不安要素満載。

いかにルメール騎手でも…来てしまったら仕方ないという気持ちでバッサリ切ります。

 

トーセンスーリヤは今まで戦ってきた相手と今回の斤量を考えると最有力。

 

迷ったのはマイネルウィルトスとワールドウインズだが、マイネルウィルトスにした。

決め手は過去記事で書いたこのレースで特筆と言えるロベルト内包馬であるということと、上位人気馬消去法で残った馬がこの馬だけだったということ。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが馬単勝負です。

 

(馬単フォーメーション)

(1着) 
4枠8番トーセンスーリヤ
5枠10番マイネルウィルトス

(2着)
穴馬(C)(D)(E)

各600円×6点

(計 3600円)

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


 

最後に今回選んだ穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) マイネルファンロン

このレースと好相性のロベルト内包馬で穴馬消去法の記事でも挙げた馬。

枠順があまり良くないので消そうと思ったが、やはり函館巧者なので押さえておきます。

(D) ?????

騎手が若手に変わったのが原因だとは思うが、この人気なら押さえておきたい。

このレースは巴賞組が滅法強く、巴賞組で買うなら真っ先にこの馬だと思う。

(E) ?????

この馬も(C)馬と同じくロベルト内包馬。

枠順的に歓迎できないのだが、それ以上に内枠で買いたい馬がいないのでこの馬にしました。

昨年の好走馬でもあるので、ノーチャンスではないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です