函館スプリントステークス2021予想 枠順確定後の最終結論

今回は函館スプリントステークス2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では1~8番ゲート有利と判断しています。

現時点のオッズを見ると4番人気と5番人気に大きな差がないので、今回は上位人気馬5頭の配置を見ていきます。

 

まずは2枠3番シゲルピンクルビーですが、絶好枠ですね。

鞍上は2年目の泉谷騎手ですが今回の斤量は反則的な50キロ。

過去10年で50キロを背負った3歳牝馬は6頭いて3頭が圏内で内2勝挙げています。

 

次に3枠5番ケープコッドですが、洋芝経験は2歳時のものだけだが3戦2勝2着1回という好成績。

今回は久しぶりの洋芝レースで、さらに好枠に入った今回ならチャンスはありそうです。

 

次に4枠7番ミッキーブリランテですが、この馬も良い枠に入りましたね。

1200m戦の経験は高松宮記念だけなので、あとはこの枠を活かしてある程度前に行ける脚があるかどうかですね。

 

次に7枠14番ビアンフェですが、外枠は痛いですが幸いにも単騎逃げが叶いそうなメンバー構成。

逃げられない可能性もあるが、逃げてしまえばこの配置の不利も帳消しにできる。

 

最後に8枠16番カレンモエですが、これは痛い。

常に2~3番手で競馬をしてきた馬だが、配置的にビアンフェが逃げて最内からアスタールビーが番手ではないか。

あとは12番ロードアクアと15番アルピニズムに前をカットされてしまうと5~6番手くらいという可能性も出てきた。

これは悩みどころですね。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(3連単フォーメーション/2・3着マルチ)

(1着)
8枠16番カレンモエ

(2・3着)
2枠3番シゲルピンクルビー
7枠14番ビアンフェ
3枠5番ケープコッド

(2・3着)
穴馬(C)(D)(E)

各100円×18点

 

(3連単フォーメーション/2・3着マルチ)

(1着)
2枠3番シゲルピンクルビー
7枠14番ビアンフェ
3枠5番ケープコッド

(2・3着)
8枠16番カレンモエ

(2・3着)
穴馬(C)(D)(E)

各100円×18点

(計 3600円)

 

3連単勝負です。

当初は1着2頭軸でカレンモエとビアンフェの予定でしたが、2頭揃って外枠配置となってしまった。

特にカレンモエの大外は痛い。

シゲルピンクルビーはかなり魅力なんですが、泉谷騎手で重賞勝利というイメージが全く沸かなく、せめて中堅騎手くらいなら軸にしたかったが2年目の騎手を軸にする勇気が自分にはない。

 

ただ複勝系で考えるなら、上位人気馬の中では大外枠でもカレンモエではないか。

この馬の強みはとにかく崩れないこと。

この点では上位人気馬の中では抜けている。

むしろこの配置で2・3着付けという妙味のある馬券の確率が更に高まった。

まあ消える可能性も十分だが…

頭で狙える自信はないが、3着以内ならという意味でこの馬に◉を打ちました。

 

対抗馬も上位人気馬からですが、ミッキーブリランテは今回切った。

圏内に入った全てのレースが休み明け4戦目以内まで。

今回は休み明け7戦目となり調教もあまり良くないようですし、疲れが出ている可能性がある。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

週中候補でジョーアラビカを挙げたが、好枠から外れたのでこの馬を代わりに挙げます。

鞍上も強化され、かなりの洋芝巧者である。

昨年のキーンランドカップも後方勢独占の中、前で競馬をした馬の中で最先着の4着。

絶好枠を引き当てた今回なら面白いかもしれません。

(D) ?????

人気になるなら買うつもりはなかったが、この人気なら狙ってみたい。

前走は流れが向いたとはいえ、今回上位人気のカレンモエ・ビアンフェを撃破。

この馬は古馬になってからは内枠より外目の枠の方が好走傾向にあり、今回の配置はマイナスにはならないのではないか。

このメンバーだと逃げ・番手は厳しいかもしれないが外枠の差し競馬で新しい一面が見られるかもしれない。

(E) カツジ

旬の過ぎたディープインパクト産駒は買えないというのが持論ですが、4走前の1400mのスワンステークスではまさかの逃げで大穴をあけた。

前走の高松宮記念ではさすがに力及ばずだったが、1200m戦はまだ2戦しか経験しておらず、その2戦とも重馬場での競馬で良馬場での走りはまだ未知数。

開幕週はどうかだが、母メリッサもスプリントで活躍した馬で適性があるかもしれない。

血統傾向と穴馬消去法の記事で挙げた馬であり、鞍上もスワンステークス以来のコンビとなる岩田騎手。

枠順利を活かして一発を期待したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です