新着エントリー

共同通信杯2022予想 枠順確定後の最終結論

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


本命馬や軸馬は上位人気馬から選ぶが、「どうしてもこの馬しか考えられない」という時以外は1番人気の軸、もしくは1着固定は買わない。

そこで狙い目は2~4番人気、広げても5番人気辺りまでの1着固定か軸固定。

1番人気が来たら仕方ないと諦めます。

 

そして今回は3連単で勝負です。

以上確定した枠順や週中記事で書いた内容を考慮して今回の軸馬は

 

2枠2番アサヒ

 

軸馬はアサヒとした。

理由は相対的な評価。

まずジオグリフだが他馬と比べ斤量が一キロ重く、未だに重賞で勝ち切れない15連敗中のルメール騎手。

それでいて1番人気となると妙味無し。

 

次いでダノンスコーピオンだが、調教では掛かりっぱなしという残念な内容。

それでいて大外枠となると折り合い面でかなり不安。

 

アサヒ以外で唯一不安が無いのはダノンベルーガ

ただ不安はないとは言えあくまで1戦1勝馬という身でどこまでやれるか。

 

アサヒ以外の3頭のマイナス点を述べたが、アサヒは枠良し、調教良し・コース適性良し。

実績は前走2着に敗れたが1着のイクイノックスは別格。

そのレースで4着のダンテスヴューはその後きさらぎ賞2着、レッドベルアームはシンザン記念3着と相手関係を考えるとこのメンバーでは実績上位と言える。

よってアサヒを軸馬とした。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回固定で1レース3600円としています。

(3連単)

(1・2着) 
2枠2番アサヒ

(1・2着)
8枠11番ダノンスコーピオン
5枠5番ジオグリフ
8枠10番ダノンベルーガ

(3着)
穴馬(C)(D)

◉⇔〇→★各300円×12点=3600円

(計3600円)

 

アサヒを軸馬としたが「相手なり」の傾向がありそうで1着固定で狙える馬ではない。

1発の魅力ならジオグリフ・ダノンベルーガ・ダノンスコーピオンのほうが魅力。

上記で対抗馬3頭の不安点を挙げはしたが、それでも上位人気勢の層は厚いと判断して穴馬は3着付けとした。

 


最後に今回選んだ推奨穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

前走はレコード勝ちで、突き放した3着以下馬からも既に勝ち上がっている馬がいる。

下位人気馬の中でまだ底が見えていない馬という意味では数少ない馬の1頭であると思う。

 

(D) レッドモンレーヴ

兄弟にはレッドルレーヴやランフォザローゼスといった成長力は無いが3歳の前半で重賞で好走した馬が2頭もいる。

まさに今の時期がこの馬の走り頃。

またこのレースで穴をあける馬は前走馬体重480キロ以上ある馬が多く、今回の5番人気以下馬で前走480キロ以上ある馬は最低人気のエイシンシュトルムとこの馬だけ。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。