共同通信杯2021予想 穴馬過去データ消去法と枠順傾向

今回は共同通信杯2021の穴馬過去データ消去法と枠順傾向の記事です。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 


まずは枠順傾向から見ていきます。

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると京都記念の枠順傾向で書いた内容とほぼ同じような結果です。

過去10年の勝ち馬は全て8番ゲート以内から。

そして複勝率で見ても明らかに9番ゲート以降から成績は急降下しています。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると全体傾向程内有利という傾向は無い。

どちらかといえば極端な内外以外の4~9番ゲートに好走馬が集まっています。

 

上記のデータを考慮して

 

1~8番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 前走500万クラス1着馬 又は 前走OPクラス以上
② 前走距離芝2000m

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去10年で5回。

そしてその5回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は4回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

タイソウ
プラチナトレジャー

 

以上2頭です。

ちなみにこのレースは5番人気以下の穴馬で見ると前走2000m組の成績が非常に良い。

以下のデータを見れば明らか。

 

 

タイソウもプラチナトレジャーもあまり人気にはならなそうなので、抑え馬券くらいには入れてもいいかもしれません。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


前回の記事では穴馬候補を1頭挙げましたが、今回は2頭目の穴馬候補を発表します。

それはこの馬(B)☟


中央競馬ランキング

上位人気馬の層が厚そうで、ここに食い込めそうな馬を探すとなるとまだ底が見えていない馬。

前走の鞍上も悪い騎手ではないが、今回は鞍上強化という点でも買い材料。

そして血統傾向の記事でも書いたが、やはりディープインパクト産駒は要注意。

過去5年全ての年で必ずこの産駒は絡んでおり、今回の出走馬は僅か2頭。

そういう意味でも要注意だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です