共同通信杯2021予想 枠順確定後の最終結論

今回は共同通信杯2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では1~8番ゲート有利と判断しています。

ここで土曜東京競馬の出目と脚質を載せました。

 

 

これを見ると脚質的には圧倒的差し馬天国。

しかも連対馬で見ると1・2枠は劣勢に見えます。

外差し馬場とまでは言わないが、土曜の傾向から考えるとせめて3枠以降で上り性能を持っている馬がベストではないかと思います。

 

現時点での上位人気馬4頭を見ると、ステラヴェローチェ以下の2~5番人気は大混戦。

そこで総合的なオッズでみると、ステラヴェローチェ・シャフリヤール・レフトゥバーズ・エフフォーリアが上位4頭。

それを踏まえて上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは6枠7番エフフォーリアですが、新馬・500万クラス共に先行策での勝利。

好走枠と判断する8番ゲート以内にも入っているので問題ないでしょう。

 

次に8枠11番シャフリヤールですが、過去10年で9番ゲート以降からの勝ち馬無しというデータをみるとやや割引かなとも思います。

ただ福永騎手京都記念のワグネリアンよりこの馬を優先するというのはそれなりの期待感があるはずで悩ましいところです。

 

次に3枠3番ステラヴェローチェですが、この馬は差し・追い込みタイプ。

もう少し外寄りでも良かったとは思うが今回は少頭数。

前走の朝日杯でも内から差してきているように問題ないと思います。

 

最後に6枠8番レフトゥバーズですが、キャリア1戦でどんな競馬をするかは未知数だが、内過ぎず外過ぎで無難な配置だと思います。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(3連単)

(1着)
3枠3番ステラヴェローチェ

(2着)
6枠7番エフフォーリア
8枠11番シャフリヤール
6枠8番レフトゥバーズ
1枠1番ディオスバリエンテ

(3着)
穴馬(C)(D)

各200円×8点 =1600円

 

(1着)
6枠7番エフフォーリア
8枠11番シャフリヤール
6枠8番レフトゥバーズ
1枠1番ディオスバリエンテ

(2着)
3枠3番ステラヴェローチェ

(3着)
穴馬(C)(D)

各100円×8点₌800円

(計 2400円)

 

3連単勝負です。

通常は馬単スタイルですが今回は上位人気馬の層がかなり厚そう。

そうなるといつもの穴馬2着付けは厳しいのではないかと思っています。

穴馬は食い込んで3着までか‥

よって今回は3連単の穴馬3着付けで勝負です。

それでも上位人気馬独占のガチガチ決着かもしれませんが、僅かな希望に賭けてみます。

 

馬券の中心はやはりステラヴェローチェ。

他の人気馬も実力はありそうですが、まだ未知数な部分が多い。

そうなるとG1でも能力証明済みのステラヴェローチェを馬券の軸とするのがベストだと判断します。

ただ配当的な妙味を考えるとステラヴェローチェの2着付けにも期待したいところです。

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C)

血統傾向の記事で紹介したサドラーズウェルズ系内包馬、あとややズレるが母母父にロベルトの血も持っている。

そして前回の鞍上福永騎手はシャフリヤールに乗ることになってしまったが、今回乗り替わりの鞍上なら見劣ることはない。

あとは1戦1勝の未知なる可能性に期待しています。

(D)

前走の敗戦で一気に人気は急降下。

しかし血統傾向と脚質傾向で合致した馬。

走り的に小回りは向かない感があり、広々としたコースでの一変に期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です