新着エントリー

京都金杯2022予想 枠順確定後の最終結論

新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

この記事が2022年1発目の記事となります。

昨年は最終週の有馬記念・ホープフルステークスで一撃回収大爆発となりましたが、今年は初週から大爆発のロケットスタートといきたいところです。

 

それでは確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


本命馬や軸馬は上位人気馬から選ぶが、「どうしてもこの馬しか考えられない」という時以外は1番人気の軸、もしくは1着固定は買わない。

そこで狙い目は2~4番人気、広げても5番人気辺りまでの1着固定か軸固定。

1番人気が来たら仕方ないと諦めます。

そして現時点のオッズは大混戦で単勝オッズと総合オッズが一致していない状況。

ただやはり総合オッズを重視してみると、エアロロノア・カイザーミノル・ルークズネスト・シュリが上位人気馬4頭ですので、この4頭を上位人気馬として扱います。

ただシュリの4番人気は意外ですね。

それだけ多くの人が内枠重視で考えているということでしょう。

 

そして今回は3連単で勝負です。

以上確定した枠順や週中記事で書いた内容を考慮して今回の軸馬は

 

5枠10番カイザーミノル

 

普段は2頭軸などにしているが、今回は手広く買い目を増やしたいので軸馬はカイザーミノルだけに絞った。

評価理由は鞍上・非外枠・先行脚質・斤量・距離適正。

総合して考えると上位人気馬の中でもこの馬が最も信頼できると判断した。

左回り実績は字面だけ見ると不得手に見えるが、近走の好走には新潟・東京コースも含まれる。

また近5走を見ても今回のレースより格上のG2で圏内2回、毎日王冠ではハイレベルメンバー相手に5着ならこのメンバーでは十分威張れる内容。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回固定で1レース3600円としていますが、今回は4000円とします。

(3連単)

(1着) 
5枠10番カイザーミノル

(2・3着)
穴馬(C)(D)

3枠5番ディアンドル
4枠7番ザダル
4枠8番ルークズネスト

◉→〇★→〇★各100円×20点=2000円

 

(1・3着) 
穴馬(C)(D)
3枠5番ディアンドル
4枠7番ザダル
4枠8番ルークズネスト

(2着)
5枠10番カイザーミノル

〇★→◉→〇★各100円×20点=2000円

(計4000円)

 

過去10年で5番人気以下の穴馬が2頭以上圏内に来たのは計7年もあり、アンドラステ回避により今年も穴馬が2頭圏内に突っ込んで来る可能性もより高まった。

よって普段とは買い方を変えて、穴馬同士の組み合わせ・穴馬の1着という馬券を重視して馬券を組んだ。

 

そこで推奨穴馬(C)(D)の他、もう2頭の穴馬と上位人気馬1頭を追加した。

まず推奨穴馬以外の穴馬で挙げた2頭はザダルビアンフェ

脚質的には真逆の2頭だが評価理由は枠順と鞍上。

内枠配置が有利なのは言うまでもないが、今回の騎手の中でリーディング争いできる一流騎手と言えば松山騎手、そしてやはり外人騎手であるCデムーロの腕は侮れない。

 

そして人気馬ではあるが押さえておきたいのはルークズネスト

この馬は中京芝1600m(0・3・0・0)という抜群の成績。

また先週阪神カップを制したG1馬グレナディアガーズを中京コースで撃破した馬。

コース適性という点ではこの馬は出走馬の中でも一番かもしれない。

 


最後に今回選んだ推奨穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

この馬の2020年のG2重賞成績は4着・4着・12着・2着・3着で、12着に敗れたのは距離適性外の2200mの日経新春杯。

また昨年は今回上位人気のエアロロノア・カイザーミノルにも先着している。

高齢馬だからといって舐めていると痛い目にあいそう。

 

(D) ヴィジュネル

過去記事で書いた血統傾向・穴馬消去法推奨馬でデスデータ突破馬。

格上げ戦ではあるが、新馬戦でタイム差なしの2着で敗れた相手はオークス・桜花賞5着のアールドヴィーヴル、その時の4着馬は菊花賞3着のディヴァインラヴ。

1600m戦の成績も4戦2勝で2着1回、あと重賞のニュージーランドトロフィーの4着1回です。

重賞で走れる下地は備わっており、久しぶりのマイル戦だが人気程実力差はないと思う。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。