京都記念2021予想 枠順確定後の最終結論

今回は京都記念2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では1~8番ゲート有利と判断しています。

ここで土曜の阪神開催芝レースの出目と脚質傾向を載せました。

 

 

スローペースのレースが多かったものの勝ち馬は逃げ残りが多く、やはり開幕週らしく先行勢を重視したいと思っています。

ただ差し馬軽視という程の傾向でもありません。

枠順に関しては少頭数のレースが多かったものの8枠馬もそれなりに好走しています。

当レースも少頭数なので枠順はそれ程気にすることはないかもしれません。

 

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは2枠2番ステイフーリッシュですが、申し分ない絶好枠。

タイプ的に開幕週の馬場に合うかは疑問だが、枠だけで見れば文句なし。

 

次に7枠8番モズベッロですが、出遅れ癖や脚質的にも後方タイプなので外枠というのは良かったと思います。

 

次に4枠4番ラヴズオンリーユーですが、先行でも差しでも自在なタイプで今回は積極的な川田騎手が騎乗。

ハイペースになるようなメンバー構成でもないですし、そうなると程良い内枠というのはプラスではないでしょうか。

 

最後に6枠7番ワグネリアンですが、この馬も内過ぎず外過ぎず問題なし。

流れを見て動きやすい配置だと思います。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(馬単)

(1着)
4枠4番ラヴズオンリーユー
6枠7番ワグネリアン

(2着)
穴馬(C)(D)(E)

各400円×6点

(計 2400円)

 

馬単勝負です。

正直どの人気馬もこれだと言えるほどの材料は無いんですよね。

要は買いたい馬がいないというのが本音。

ただ自分のスタイルは基本的に頭で狙うのは上位人気馬。

 

そこで考えていくと頭で狙いたくない馬ははっきりしている。

まずは19戦連続1着無しのステイフーリッシュ。

今回絶好枠なのは間違いない。

ただ2・3着はかなりあるがこれだけ勝てないとなると頭で狙うのは厳しい。

連複系ならかなり評価は高いのですが‥

 

そしてもう1頭は近2戦連続出遅れのモズベッロ。

ただせさえ開幕週なのに追い込み脚質の馬では突き抜けるイメージが沸かない。

逆に浮かぶのはせいぜい届かずの2・3着ですね。

穴馬なら買っても良かったが‥

 

よって上位人気馬から頭で選んだのはラヴズオンリーユーとワグネリアン。

消去法みたいな決め方ですが、頭狙いならこの2頭ですね。

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C)

2年前の同レース勝ち馬であり、開幕週で単騎逃げが濃厚。

非根幹距離の実績も申し分ない。

血統傾向でも書いたが父ルーラシップ産駒の成績も良い。

外枠というのがマイナスだが、先手を取りに行きそうな馬もいないので問題ないでしょう。

(D)

出遅れがネックだが、この馬は出遅れさなければG1でもソコソコ走れる能力がある馬。

脚質傾向の記事で書いた通り開幕週での逃げ・先行馬の複勝率は極めて高く、今回のメンバーなら外目の配置になったとは言え3番手くらいには付けられるはず。

(E)

開幕週でもあり、枠順傾向の記事でも書いたが基本的には内枠有利と考えるのが自然。

(C)(D)馬が外寄りに入ってしまったので、内枠から挙げるとすればこの上り馬。

最近の重賞は上り馬が大金星を挙げていて、この馬もその波に乗れるか。

前走は以前の後方一辺倒スタイルから一変して先行策で勝利。

しかも先行策にもかかわらず上りの脚は鈍っていなかった。

開幕週の内枠先行での粘り込みに期待したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です