新着エントリー

京都新聞杯2022予想 過去データ消去法と脚質・枠順・血統傾向

このレースは中京競馬場で行われる芝2200m戦。

昨年に続き中京開催となっています。

近2年は4番人気以内で決着していて堅いレースが続いていますが、今年はレーン騎手騎乗のブラックブロッサムが想定オッズでは断然人気。

その他上位人気馬も想定オッズでは5強で6番人気以下馬とはかなり離れています。

今年も堅いかもしれませんが、諦めずに可能性のありそうな穴馬を探していきたいと思います。

 

そして現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

それではこれから脚質傾向・枠順傾向・血統傾向・消去法・デスデータの順で調べていきます。

(注)消去法やデスデータは、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


脚質傾向データ 」

過去のデータが殆ど使えないので、2012年以降の中京コース開幕1・2日目の1勝クラス以上で調べてみました。

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見るととにかく言えるのは追い込み馬以外ならどこからでも入れるということ。

複勝率では逃げ・先行・差し・捲りは優劣が付けられません。

ただ勝ち馬に関しては全体の半数以上を差し馬が占めているので、開幕週と言えど逃げ・先行が有利とは言えませんね。

昨年このレースの1~3着馬は1~3番人気で決まってしまいましたが、捲り・先行・差しでの決着でした。

今回の脚質傾向に関してはあまりこれだと言える根拠がないので参考程度としておきます。

 

ただ追い込み脚質の馬は割引だと思います。

ちなみに昨年の同レースで11頭中4頭が前走追い込みで4頭全て掲示板外でした。

一応今回のメンバーで前走追い込みだった馬を挙げるとボルドグフーシュのみ。

 


枠順傾向データ 」

以下が脚質傾向と同じく2012年以降の中京コース開幕1・2日目で1勝クラス以上の枠順傾向です。

 

 

これを見ると外枠も悪くないとは言え、勝ち馬で見ても複勝率で見ても13番ゲート以内までは安定しているが、14番ゲート以降は若干落ちているように思える。

更に言えば勝ち馬が7番ゲート以内に多くいることを考えると内枠有利と言えるかもしれません。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると勝ち馬は全て8番ゲート以内。

複勝率で見ても安定しているのは7番ゲート以内。

やはり開幕週らしく内有利ではないだろうか。

 

上記のデータを考慮して

 

1~7番ゲート有利

 

と判断します。

 


血統傾向データ 」

同レースの同コースサンプルが昨年のものしかなくデータに乏しいですが、昨年は同コース重賞が幾度か開催されたのでそのデータを参考にしたいと思います。

 

その傾向は以下の通りです。

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

父に

・ディープインパクト
・バゴ

・ステイゴールド系
・トニービン内包種牡馬
・ロベルト系種牡馬

です。

ディープインパクトは万能なので例外ですが、それ以外の産駒を見るとスタミナを持ち合わせた血統が多いのが特徴ですね。

今回の該当馬は

 

アップデート
ショウナンアデイブ
ボルドグフーシュ
ポッドボレット
マイネルクリソーラ
ミスターホワイト
メイショウラナキラ
リアド
ヴェローナシチー

 

以上9頭です。

 


消去法データ 」

消去法は2012年以降の過去10年分のもので1~4番人気の上位人気馬消去法5番人気以下の穴馬消去法に分けています。

またこのデータは見方によっては捉え方は色々ですが、基本的に年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走G2クラス以上出走馬 
② 前走1勝クラス~G3クラスで3番人気以内で1着 且つ 上り2位以内

 

この条件で2018年以外の9年好走馬が出ています。

想定4番人気以内馬で上記の条件①or②に該当する馬は

 

ブラックブロッサム

 

以上1頭です。

各年の上位人気最先着馬は2018年以外は上記の条件に当て嵌まります。

想定オッズでは断然人気ではありますが、データだけで言うとこの馬は最も1着に近い存在となります。

 

次に穴馬消去法です。

黄色部分は5番人気以下馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走芝のOPクラス以上で4着以内or2番人気以内
② 前走1勝クラスで5番人気以内で6着以内 且つ 上り4位以内で4角8番手以内

 

この条件で穴馬が来た年は全て好走馬が出ています。

想定5番人気以下馬で上記の条件①or②に該当する馬は

 

アップデート
ボルドグフーシュ
メイショウラナキラ
ヴェローナシチー

 

以上4頭です。

ただ厳密に言うとメイショウラナキラは消しなんですよね。

このレースは前走逃げた馬の圏内率は上位人気馬を含めても0%です。

ただ昨年の中京開催では1番人気とは言えルペルカーリアが逃げ残った。

そういう意味で前走逃げた馬も対象にしました。

 


デスデータ 」

このレースにおいて極めて好走率が悪いデスデータを調べました。

対象は過去10年の5番人気以下限定のもので、このレースの5番人気以下馬の複勝率は11,5%です。

 

・キャリア9戦以上(0・0・0・13)複勝率0%
・前走間隔中13週以上(0・0・0・7)複勝率0%
・前走7番人気以下(0・0・0・27)複勝率0%
・前走から斤量増減馬(0・0・0・12)複勝率0%
・前走4角2番手以内(0・0・0・36)複勝率0%
・前走未勝利・G2・G1クラス(0・0・0・35)複勝率0%

 

このデスデータを全て突破した馬は

 

アップデート
ショウナンアデイブ
テーオードレフォン
ボルドグフーシュ
ヴェローナシチー

 

以上5頭です。

 


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

想定オッズでは5頭立てのような構成となっているので穴馬は6番人気以下から選んでみたい。

(A) ?????

脚質的に不安はあるがそれでも狙ってみたい。

2000mで勝ち切れなかった馬が2400mで快勝。

今回距離が短くなるのは嫌な材料だが、それでも2200なら…

前走破った相手は青葉賞で低人気ながら、最後の直線で故障さえなければ抜群の手応えで好走していたのではないかと思えたディライトバローズ。

前走の走りを見るとまだ余裕がありそうで期待の方が大きい。

 

(B) アップデート

穴馬消去法推奨馬でデスデータ突破馬。

2戦連続上り1位で決めては持っている。

スタートがイマイチなのでそこがネックではあるが、スタートさえまともに決まればもう少しやれていいはず。

このレースの過去10年で4圏内の浜中騎手というのも押し材料の一つです。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。