新着エントリー

京都新聞杯2022予想 枠順確定後の最終結論

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


今回は3連単で勝負で、まず1着馬から決めていきたいと思います。

「過去10年の1着馬全馬共通事項」

 

 

① 前走1勝クラス以上
② 前走初角or4角2番手以下
③ キャリア3~8戦
④ 前走馬体重498キロ以下
⑤ 前走間隔中12週以内
⑥ 関西馬

 

だいたいこんなところでしょう。

ここまでで残ったのはショウナンアデイブ・ボルドグフーシュ・リアドの3頭。

ここで1番人気のブラックブロッサムが消えてしまいました。

キャリア2戦で前走馬体重522キロ、過去の好走傾向からは当て嵌まらない。

鞍上レーン騎手ではあるが1着候補からは外します。

 

そして残った3頭ショウナンアデイブ・ボルドグフーシュ・リアドですが、この3頭からショウナンアデイブを消したいと思います。

上記の表で前走5着以下から1着になった馬はディープボンドとステイフーリッシュですが、この2頭は前走重賞出走馬。

前走OPクラスで7着に凡走したショウナンアデイブは割引だと思います。

よって今回はボルドグフーシュとリアドを1着固定馬とします。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回1レース3600~4000円としています。

(3連単)

(1着) 
6枠7番リアド
7枠9番ボルドグフーシュ

(2・3着)
6枠7番リアド
7枠9番ボルドグフーシュ
7枠10番ブラックブロッサム
8枠12番ポッドボレット
1枠1番メイショウラナキラ

(2・3着)
穴馬(C)

◉→◉〇→★各300円×8点=2400円
◉→★→◉〇各200円×8点=1600円

(計4000円)

 

対抗馬は3頭選んだ。

騎手重視でレーン騎手騎乗のブラックブロッサム、福永騎手騎乗のポッドボレット

そして開幕週・1枠・単騎逃げ濃厚という3拍子が揃ったメイショウラナキラ

 


最後に今回選んだ推奨穴馬(C)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

週中穴馬候補だったボルドグフーシュは1着固定馬に変更。

もう1頭の穴馬候補だったアップデートは明らかなオッズの断層があり、こういう馬は切るのが自分のセオリー。

それならば今回はこの馬を選ぶ。

上位人気の一角になるであろうと思っていたので穴馬としては扱はない予定だったが、まさかの低人気だったのでこの馬と心中する。

この馬の売りはとにかく安定性で新馬でもOPでも重賞でも勝てないが崩れない。

現時点のオッズを考えるとかなりお買い得だと思います。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。