京都新聞杯2021予想 枠順確定後の最終結論

今回は京都新聞杯2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では1~8番ゲート有利と判断しています。

 

現時点の総合オッズを見ると3強構成となっています。

ということで今回は上位人気馬3頭の配置を見ていきます。

 

まずは7枠8番マカオンドール8枠10番レッドジェネシスですが、今年の開幕週は例年とは違いますが、一応は内枠有利な想定でいます。

ですが外枠と言っても11頭立て。

プラスではないにしろマイナス材料という程でもないでしょう。

 

次に4枠4番ルペルカーリアですが、人気馬の中では一番前目で競馬をするタイプ。

今回は前に行く馬も少なく、更に内寄りの配置となれば文句無しでしょう。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(3連単フォーメーション)

(1着)
7枠8番マカオンドール
8枠10番レッドジェネシス

(2着)
7枠8番マカオンドール
8枠10番レッドジェネシス
4枠4番ルペルカーリア

(3着)
穴馬(C)(D)

各400円×8点

(計 3200円)

 

3連単勝負です。

今回は少頭数なので回収率も考慮して、かなり買い目を絞った予想となりました。

頭で選ぶのは基本的に人気馬。

そして対抗馬も基本的に上位人気に近い馬。

波乱含みのレースでも確率論から考えて長い目で見るとこの買い方がベストだと思っています。

頭を選ぶ基準は複勝率の高そうな馬ではなく、飛ぶ可能性が高そうでも頭で狙えそうな馬です。

基本は人気馬の中から頭で狙いにくい馬消して残った2頭を選びます。

 


「頭で狙いにくい馬 其の① 」

ルペルカーリア

3強の中で敢えて嫌うとすればこの馬ですかね。

レベルの高い毎日杯で4着なら大健闘だが、新馬戦では凡走しているし結局は重馬場だった未勝利戦で1勝しただけ。

どうも母シーザリオというネームヴァリューで人気先行タイプのように思えてならない。

このレースはキャリア数が多い方が好走傾向にあり、3戦というキャリアの浅さもやや割引材料です。

「頭で狙いにくい馬 其の② 」

今回は特になし

 


頭狙いは3強からマカオンドールとレッドジェネシス。

 

マカオンドールは中京コース2戦2勝で前走は同コースで勝利。

青葉賞馬ワンダフルタウンとは2歳時にコンマ2秒差の勝負。

またホープフルステークスでは上り最速という脚も持っている。

 

レッドジェネシスは唯一圏外だったのが左回りというのは気になるが、近5走中4回上り最速を叩きだしているディープ産駒。

2000mまでは煮え切らない成績だったが、前走は2400m戦で圧勝。

今回は2200m戦ではあるが、前走同様の走りを期待したい。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ?????

4走前に同コースでコンマ2秒差で敗れた相手は回避しなければ圧倒的1番人気だったはずのディープモンスター。

その後凡走したと言えるのは2走前のダート戦くらい。

枠順的にも前走同様積極的に前に行くには申し分ない配置でチャンスはあると思います。

(D) ワイドエンペラー

血統傾向・穴馬消去法の記事で挙げた馬であり、前走で同コース経験済み。

そしてその前走で今回上位人気のマカオンドールとコンマ2秒差の勝負をしている。

前走ではマカオンドールを上回る末脚性能を披露していることを考えると、圏内の可能性は十分あるのではないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です