新着エントリー

京王杯2歳ステークス2021予想 枠順確定後の最終結論

今回は京王杯2歳ステークス2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


 

本命馬は上位人気馬から選ぶが、基本的に1番人気の軸、もしくは1着固定は買わない。

ただ少頭数のレースや単勝1番人気が100円台のレース、グランアレグリアやアーモンドアイのように明らかに抜けている馬がいる場合は別です。

あくまで経験則ですが…

①自分が選んだ穴馬が圏内に突っ込んでくるレースは結構な確率で1番人気が飛んでいるように思える。

②統計的に見ても1番人気が1着に来る確率は大体3回に1回程度。

③順当に1番人気がくる時はレース自体もあまり荒れない。

 

そこで狙い目は2~4番人気、広げても5番人気辺りまでの1着固定。

1番人気が来たら仕方ないと諦めます。

そして今回は3連単で勝負です。

 

今回の出走馬は全馬前走OPクラス以下の馬ばかり。

堅軸と言える馬も見当たらず、下位人気馬の1着もあり得るメンバー。

波乱は十分あると思います。

 

現時点の単勝オッズは大混戦ですが、総合オッズで見るとコラリン・ラブリイユアアイズ・シゲルファンノユメ・ヴィアドロローサ・ベルウッドブラボーが上位人気5頭。

よってこの5頭を上位人気馬として扱いたいと思います。

以上確定した枠順や週中記事で書いた内容を考慮して今回の1着固定馬は

 

4枠5番ベルウッドブラボー
8枠14番シゲルファンノユメ

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回固定で1レース3600円としています。

(3連単)

(1着)
4枠5番ベルウッドブラボー
8枠14番シゲルファンノユメ

 (2・3着)
4枠5番ベルウッドブラボー
8枠14番シゲルファンノユメ
6枠10番コラリン
7枠11番ラブリイユアアイズ

(2・3着)
穴馬(C)(D)(E)

◉→◉〇⇔★各100円×36点=3600円

(計3600円)

 

セオリー通り1番人気コラリンの1着固定はやめた。

この馬の不安要素を挙げるとすれば前走馬体重432キロという馬格の無さ。

過去10年で前走馬体重447キロ以下は(0・0・0・20)複勝率0%

また過去20年まで遡っても牝馬の1着はない。

ルメール人気で拍車がかかるなら押さえはするが1着では買いたくない。

 

そして同じ牝馬という理由でラブリイユアアイズも評価を下げた。

ただこの馬の場合、新馬戦で負かした相手はコスモス賞1着・札幌2歳ステークス3着のトーセンヴァンノ。

押さえは必要でしょう。

 

まず1着固定で選んだのはシゲルファンノユメ

過去傾向から考えると牡馬であり前走馬体重448キロ以上という条件もクリア。

前走コラリンに敗れているが僅差の勝負。

今回は逆転に期待する。

 

2頭目の1着固定馬はベルウッドブラボー

この馬もシゲルファンノユメと同じく牡馬であり前走馬体重448キロ以上という条件をクリア。

デムーロ騎手がジャスパークローネに乗り換えたのは気になるが、過去傾向に沿ってこの馬を推します。

 

上位人気馬馬の中でヴィアドロローサは消した。

この馬は前走ルメール騎手が乗っていて捨てられた?馬。

今回騎乗は絶好調の横山武史騎手ではあるがこの騎手は内枠でこそ妙味があり、ルメール騎手が選らばなかったという点で微妙。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


 

最後に今回選んだ推奨穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C) ジャスパークローネ

デムーロ騎手は上位人気のベルウッドブラボーよりこの馬を選んだ。

先約かどうかは自分にはわからないが、この馬を選んでたとしたら軽視はできない。

 

(D) ?????

過去記事で書いた好走血統であるエピファネイア産駒。

前走は父の気性の影響かかなり行きたがっていたが、何とか抑えて4角から追い出した。

そのあとはしっかり伸びて完勝。

気性的にも母父キンシャサノキセキということを考えても距離短縮は歓迎材料だろう。

 

(E) トウシンマカオ

父の印象からすると前走は距離が長いというイメージがあるが完勝。

その時の2着馬は単勝100円台の断然人気だった馬で、兄弟にセダブリランテスやモンドインテロを兄に持つ素質馬。

鞍上も前走に引き続きリーディング上位騎手を確保し、今回の距離短縮は前走より更にパフォーマンスを上げてくる可能性もあるので期待している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です