京成杯2021予想 枠順確定後の最終結論

今回は京成杯2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事ではデータ上は1~8ゲート有利先週の馬場のままなら外枠 又は 外差し有利と判断しています。

ここで土曜中山芝レースの出目と脚質を載せたいと思います。

 

 

これを見ると枠順では圧倒的外枠有利ですね。

脚質的に見るとやや先行勢有利ではないでしょうか。

1・2枠からは圏内馬無し、馬番で見ると7番ゲート以降から好走馬が多く出ています。

今回の上位人気馬は比較的内枠に集中していて波乱があるかもしれません。

 

現時点のオッズを見ると大混戦で上位人気馬と言えるのは5頭ですね。

そこで今回は上位人気馬5頭の配置を見ていきます。

 

まずは1枠1番タイムトゥヘヴン・2枠2番タイソウ・3枠3番グラティアスですが、3頭とも前走は逃げ・先行で勝利。

ただ土曜の馬場を見る限りでは内枠はどうだろうか。

 

次に5枠5番ヴァイスメテオールですが、タイムトゥヘヴン・タイソウ・グラティアスと枠順はそれ程変わらないが、それでも中枠よりなのは好材料だと思います。

 

最後に7枠10番プラチナトレジャーですが、土曜の枠順傾向を考えると絶好枠と言えそう。

先週も外差しが効いていて、この馬は上位人気馬の中では唯一の差し馬。

キャリアの浅い馬達なので展開が読みにくいが、流れればこの馬にはチャンスは十分ありそう。

 

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

基本的には人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(3連単)

(1着)
7枠10番プラチナトレジャー

(2・3着)
穴馬(C)(D)

(2・3着)
1枠1番タイムトゥヘヴン
2枠2番タイソウ
3枠3番グラティアス

各100円×12点

 

(1着)
1枠1番タイムトゥヘヴン
2枠2番タイソウ
3枠3番グラティアス

(2・3着)
7枠10番プラチナトレジャー

(2・3着)
穴馬(C)(D)

各100円×12点

(計 2400円)

 

3連単勝負です。

上位人気馬から軸で選んだのはプラチナトレジャー。

土曜馬場から判断すると間違いなく絶好枠。

上りの脚も兼ね揃えている

近2走控える競馬で2走前は上り1位で1着。

前走は重賞で4着ながらも、ホープフルステークス覇者ダノンザキッドと上り勝負でコンマ1秒差。

頭でと言われると自信は無いが、3着以内で且つ妙味ある人気馬と考えるとこの馬に惹かれます。

 

逆に消したのはヴァイスメテオール

穴馬としてなら狙う気でいたが、人気馬となるとイマイチ強調材料が無い。

タイムトゥヘヴンの前走タイムは同週ホープフルステークスと遜色ない。

グラティアスは血統背景もしっかりしている良血馬。

タイソウは前走圧勝して下した2着馬が次走圧勝。

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

(C)

外目の良い枠に入り4戦連続上り3位以内という安定した末脚。

少頭数のこの枠なら思う存分決め手勝負が出来そう。

デビュー以来一貫してこの距離を使われているのも好感が持てます。

(D)

同じく外枠に入ったこの馬。

新馬戦は不良馬場で凡走したが、次走は良馬場で勝利。

母は阪神ジュベナイル2着で産駒も早熟傾向がある。

穴馬消去法の記事でも挙げた馬であり期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です