京成杯オータムハンデ2021予想 過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向

 

今回は京成杯オータムハンデ2021の過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

このレースは中山競馬場で行われる芝1600mのハンデ戦。

想定1番人気の朝日杯勝ち馬グレナディアガーズが参戦してきましたが古馬とは初対決。

斤量も3歳馬ながら56キロを背負わされることを考えると、消えることも十分考えられます。

この馬がコケてくれると配当もグンと上がるので、そうなると馬券的にも面白いですね。

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が2014年の中山競馬場改修工事後の過去6年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると複勝率では逃げ~差しまで大きな差は見られません。

ただ悩みどころは近2年は先行勢独占、それ以前はOP時代も含めて差し馬有利という両極端だということ。

そこで今回は先行勢の好走パターンと後方勢の好走パターンの両方を調べてみました。

 

まずは逃げ・先行で圏内に入った8頭中5頭が

 

当日5番人気以内で近4走中3回以上4角5番手以内

 

まずこの条件に合致しそうな馬はグレナディアガーズ・バスラットレオンでしょう。

あとはスマイルカナが5番人気以内に入るかどうか。

 

次に4勝を挙げている後方勢、その中でも上り1・2位に注目しました。

上り1・2位で圏内に入った7頭全てに共通するポイントは

 

・前走距離1600m以上
・前走初角or4角9番手以下
・近4走以内に上り1位を経験

 

この条件に合致する馬はグランデマーレ・カテドラルの2頭。

近2年の先行勢独占を異例として考えるなら、それ以前の傾向通りこの2頭の脚は注意したい。

特にカテドラルは注目しています。

 


次は枠順傾向です。

こちらも同じく2014年の中山競馬場改修工事後の過去6年枠順傾向です。

 

 

これを見ると10番ゲート勝率が異常に高いですが、それ以外で見ると複勝率では内か外かというやや偏った傾向が見られます。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると2~3・8~13番ゲートに好走馬がいます。

大外枠は開幕週の影響でしょうか、やはり成績が落ちますね。

 

上記のデータを考慮して

 

14~16番ゲート不利

 

と判断します。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

父に

・ディープインパクト
・キングカメハメハ系

又は

母父・母母父・父母父

・ロベルト系
・トニービン系

です。

ロードカナロア産駒のトロワゼトワルが2年連続勝利でこの産駒は注目です。

今年で言えばグランデマーレ・ステルヴィオですね。

またディープインパクト産駒も常連です。

 

今回の該当馬は

 

カテドラル
カラテ
カレンシュトラウス
グランデマーレ
コントラチェック
ステルヴィオ
スマイルカナ
トライン
マイスタイル
レイエンダ
レッドヴェイロン

 

以上11頭です。

該当馬は多いですが上記の条件で過去5年の15頭中14頭が該当していて、逆にここから漏れた馬は血統的にはあまり推せない馬となります。

上位人気のグレナディアガーズ・バスラットレオンにはマイナスデータとなります。

 


次に消去法です。

消去法は上位人気馬消去法と穴馬消去法に分けています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

過去9年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 斤量54キロ以上(牝馬は52~54キロ)
② 前走4着以内
 前走上り3位以内or4角2番手以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去9年で8回。

そしてその8回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は8回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

カテドラル
グレナディアガーズ

 

以上2頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去9年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤・青・緑色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 斤量53キロ以上(牝馬は52~54キロ)
② 前走距離1400m以上
③ 前走OPクラス以上
④ 前走G1出走馬以外は前走上り4位以内or4角4番手以内

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去9年で8回。

そしてその8回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は8回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

グランデマーレ
シャインガーネット
トライン
ベステンダンク
マイスタイル

 

以上5頭です。

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

(A) ?????

脚質傾向・血統傾向・穴馬消去法で挙げた馬。

3歳時の神戸新聞杯では8か月の休み明けながらコントレイルに次ぐ2番人気にまで推されたこともある…結果は惨敗だったが…

そこから立て直して2連勝。

前走は枠順的に不利な最内枠から上り最速と能力は示している。

穴馬としては十分狙える要素はあると思います。

(B) マルターズディオサ

ソコソコ人気になりそうなので妙味は薄いが、3走前にはダノンファンタジーやインディチャンプと接戦している馬。

またこの馬はG1だと全く足りない馬だが、G2以下のレースでは滅法強く6戦4勝2連対。

G2・G3戦だけの成績でも全て4番人気以下ながら3戦2勝1連対。

G1で穴馬として狙うべき馬ではなく、G2以下で狙うべき穴馬かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です