京成杯オータムハンデ2020予想 穴馬過去データ消去法と枠順傾向

今回は京成杯オータムハンデ2020の穴馬過去データ消去法と枠順傾向の記事です。

 

現在のnetkeibaさん想定オッズは以下の通りです。

 

 


まずは枠順傾向から見ていきます。

以下が改修工事が行われた2014年以降の過去5年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると開幕週の中山のイメージとは違って、外枠がかなり好走している。

勝ち馬も外枠に集中しているが、内枠が不利という訳でもない。

たださすがに大外枠ともなると好走馬はいない。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

これを見ると好走している馬は内枠か中枠~程良い外枠辺り。

やはり共通して不利と言えるのは大外枠付近。

 

上記のデータを考慮して

 

14番ゲート以降不利

 

と判断します。

 


次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

2014年を除く過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 斤量53キロ以上(牝馬は52~54キロ) 
② 前走距離1600~2000mの重賞出走馬 

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去10年(開催数は9回)で9回。

そしてその9回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は9回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

アストラエンブレム
エントシャイデン
シゲルピンクダイヤ
ジャンダルム
ミッキーブリランテ
メイケイダイハード
ラセット

 

以上7頭です。

 


前回の記事では穴馬候補を1頭挙げましたが、今回は2頭目の穴馬候補を発表します。

それはこの馬(B)☟


中央競馬ランキング

今回のトロワゼトワルとスマイルカナが作る流れで穴を狙うなら、前ではなく後ろ。

穴馬候補でも挙げ、血統傾向でも推したディープ産駒。

今年の春くらいから勢いを取り戻し、常に安定した脚を使う。

前走は外々を周りながらもかなもかなり健闘したと思う。

この馬は今回で3戦連続穴馬候補、再び狙ってみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です