京成杯オータムハンデ2020予想 枠順確定後の最終結論

今回は京成杯オータムハンデ2020の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では14番ゲート以降不利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは1枠1番ルフトシュトロームですが、これは良くないですね。

前走出遅れで、それ以外のレースでも基本的にスタートが良くない。

それで最内枠となると詰まる可能性が非常に大きい。

 

次に3枠5番アンドラステですが、上位人気馬の中ではこの馬が一番の絶好枠ではないか。

この位置なら先行激化のすぐ後ろで構えられる位置をキープできそう。

 

次に5枠10番トロワゼトワルですが、スマイルカナが大外に入ったことで逃げれる可能性がかなり高くなった。

逃げてしまえば少々流れがきつくても粘り切る可能性は十分ありそう。

 

最後に8枠16番スマイルカナですが、大外枠は痛い。

これでトロワゼトワルより前で競馬が出来る確率はかなり下がった。

持ち味を発揮することなく終わる可能性が大きい。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(馬単)

3枠5番アンドラステ ・5枠10番トロワゼトワル  穴馬(C) (各600円)

3枠5番アンドラステ・5枠10番トロワゼトワル 穴馬(D)(E) (各200円)

(計 2000円)

 

穴馬の馬単2着付け勝負です。

上位人気馬から選んだのはアンドラステとトロワゼトワル。

とにかくルフトシュトロームとスマイルカナの枠順が悪すぎる。

この2頭の枠順が逆だったら迷ったが、頭では狙いにくい。

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

今日の中山の傾向を見ると7枠8枠は厳しそう。

更に前有利という傾向。

ですが先行勢で買いたい馬がいなく、前が引っ張てくれる展開を願いつつ後方勢から3頭を選びました。

(C)

一発があるとしたら脚質傾向で挙げたこの馬。

今回は前がかなり引っ張ってくれそうな展開でこの馬には願ったり。

(D)

穴馬候補でも挙げ、血統傾向でも推したディープ産駒。

今年の春くらいから勢いを取り戻し、常に安定した脚を使う。

前走は外々を周りながらもかなもかなり健闘したと思う。

この馬は今回で3戦連続穴馬候補、再び狙ってみます。

(E)

過去10年で前走1600万クラス組は6頭が出走。

その6頭中4頭が1着という驚異的な数字。

今回該当する前走1600万クラスの馬はこの馬だけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です