新着エントリー

中日新聞杯2021予想 過去データ消去法と脚質・枠順・血統傾向

このレースは中京競馬場で行われる芝2000m戦。

条件・開催時期が変わって今年で5年目のレースとなります。

今年は昨年の覇者ボッケリーニが再び参戦。

そしてそのボッケリーニを前走僅差で破ったラーゴムも同じく参戦だが、両馬とも堅軸とは言い難い。

またアドマイヤビルゴも未だにOPクラス常連程度の戦績。

ハンデ戦でもあり一波乱あってもおかしくないと思います。

 

そして現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

それではこれから脚質傾向・枠順傾向・血統傾向・消去法・デスデータの順で調べていきます。

(注)消去法やデスデータは、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


脚質傾向データ 」

以下が過去4年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると圏内馬12頭中10頭が差し・追い込み馬となっています。

明らかに後方勢有利なレースです。

過去4年の圏内馬12頭の前走4角位置を見るとその内11頭が…

 

① 前走4角5番手以下

 

ただ対象馬が多いので、この条件に該当しない馬を挙げると

 

アドマイヤビルゴ
シフルマン
ショウナンバルディ

 

以上3頭です。

この3頭は傾向的には明らかに不利。

がしかし…

今回は異常なほど逃げ・先行馬が少ない。

逃げ・先行馬と言えるのは上記3頭くらい。

こうなると上記3頭は不利とは言い切れない、というかむしろ有利?

それでも傾向通りに後方勢有利と考えるか?展開的に前有利と考えるか?

個人的には今回決め打ちせず考えたいと思います。

でも1発あるならショウナンバルディの単騎逃げかもしれない。

 


枠順傾向データ 」

以下が過去4年の枠順傾向です。

 

 

サンプル数は少ないですが、これを見ると15番ゲート以降からの好走馬はいません。

外枠は割り引きか?

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬で見ると10~14番ゲートに穴馬が多く集まっている。

そしてポツンと4番ゲートに穴馬が1頭います。

全体傾向も踏まえて考えると、内過ぎず外過ぎずがベストかもしれません。

 

上記のデータを考慮して

 

4~14番ゲート有利

 

と判断します。

先週日曜日の阪神コースの出目を見ると内枠の馬の好走率が高かったが、少頭数のレースが多かったので内枠有利とは判断できない。

見た感じでは馬場の真ん中くらいを通った馬が伸びていた印象です。

そうなると穴馬傾向で述べた10~14番ゲート辺りが熱いかもしれない。

 


血統傾向データ 」

過去4年の傾向は以下の通りです。

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

父に

・ディープインパクト
・キングカメハメハ
・ダイワメジャー

又は

・ロベルト内包馬

です。

今まではロベルト内包馬の活躍が多かったですが、昨年はボッケリーニとヴェロックスの2頭がトニービン内包馬でした。

確かにロベルト内包馬が活躍するなら、同じタイプのトニービン内包馬が活躍してもおかしくはない。

ただトニービン内包種牡馬のハーツクライとルーラーシップ産駒は人気馬も含め、過去4年で好走馬はいない。

気にはなりますが、傾向からは外しました。

 

今回の該当馬は

 

アイスバブル
アドマイヤビルゴ
シゲルピンクダイヤ
バイオスパーク
プレシャスブルー
ボッケリーニ
マイネルファンロン
レイエンダ

 

以上8頭です。

 


消去法データ 」

消去法は2017年以降の過去4年分のもので1~4番人気の上位人気馬消去法5番人気以下の穴馬消去法に分けています。

またこのデータは見方によっては捉え方は色々ですが、基本的に年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 4歳以下
② 前走OPクラス以上
③ 前走距離1600m以上
④ 前走3番人気以内

 

想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

アドマイヤビルゴ

 

以上1頭です。

あまり前走着順には気にしなくていい。

というかむしろ前走好走していない馬の方が多い。

そうなると上位人気馬から高配当を狙うなら前走凡走した4・5番人気想定のキングオブコージやディアマンミノル辺りの上位人気馬から入る手もアリかも?

 

次に穴馬消去法です。

黄色部分は5番人気以下馬で、赤・青色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 5歳以下
② 前走距離1800m以上
③ 前走G1出走馬 又は 前走5番人気以内のG3・G2出走馬 

 

想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

ヒンドゥタイムズ
ラストドラフト

 

以上2頭です。

 


デスデータ 」

このレースにおいて極めて好走率が悪いデスデータを調べました。

対象は全馬で、ちなみにこのレースの5番人気以下馬の複勝率は10,0%です。

 

・5歳以上(0・1・1・36)複勝率5,5%

 

サンプルレース数が少ないので、はっきりした傾向があるのはこれくらいでした。

消去法と被ってしまいますが、とにかく若い馬が強いレースです。

今回このデスデータを全て突破した馬は

 

アドマイヤビルゴ
エブリワンブラック
ディアマンミノル
ヤシャマル
ラーゴム

 

以上5頭です。

登録馬19頭中4歳以下馬が僅か5頭しかいないので、さすがに今年は1頭以上は5歳以上馬が来るとは思います。

ですがデータ的には若い馬は重視すべきでしょう。

とは言ってもエブリワンブラックは厳しいと思うが。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(A)☟


中央競馬ランキング

(A) ?????

嫌われそうなポイントは二つある。

一つ目は休み明けだが、休み明け成績は(1・1・2・3)複勝率57,1%で悪い数字ではない。

もう一つは左回りだが勝ったのは1勝クラスのみで(1・0・0・3)で複勝率25%。

この左回りに関しては正直不安はある。

ただそれを補う強調材料としてはこの馬は暑さに弱い馬らしくで、確かに冬場に良績が多い。

実績的にはレイパパレとコンマ3秒差の3着という実績もあり、上位人気馬と比べても劣るものではない。

あまり人気になるようなら考えるが、休み明けと左回りで過小評価されるようなら狙ってみたい。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です