中日新聞杯2020予想 枠順確定後の最終結論

今回は中日新聞杯2020の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では3~12番ゲート有利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは6枠11番グロンディオーズですが、先行・差しと脚質に幅があり程良い中枠なら問題ないでしょう。

 

次に1枠2番ボッケリーニですが、個人的にはもう少し外寄りでも良かったかなという気もしますが、それ程気にすることも無いか。

 

次に1枠1番サトノガーネットですが、穴本命筆頭だったが現在3番人気。

これで穴馬としては狙えなくなった。

しかも最内枠の追い込み馬となると‥‥ただ昨年は4番ゲートから勝っているのでダメとは言えないが最内がプラスとは思えない。

ただ展開的にはモロ嵌りそうで軽視はできない。

 

最後に5枠9番ヴェロックスですが、内過ぎず外過ぎずベストな配置でしょう。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(3連単)

(1着)
5枠9番ヴェロックス

(2・3着)
穴馬(C)(D)

(2・3着)
6枠11番グロンディオーズ
1枠1番サトノガーネット
1枠2番ボッケリーニ

各100円×12点

 

(1・3着)
6枠11番グロンディオーズ
1枠1番サトノガーネット
1枠2番ボッケリーニ

(2着)
5枠9番ヴェロックス

(1・3着)
穴馬(C)(D)

各100円×12点

(計 2400円)

 

3連単勝負です。

上位人気馬から軸で選んだのはヴェロックス。

終わった馬なのか終わってないのか判断が難しいですが、このメンバーで圏外は考えにくい。

でも前走もそんな感じで消えたので強気なことは言えませんが(-_-;)

それでもこれだけの実力馬が単勝300~400円台、危険な人気馬とも言えるが妙味ありとも言える。

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

週中選んだサトノガーネットとボッケリーニは人気馬となってしまい穴馬としては扱えなくなった。

そこでこの2頭。

(C)

展開的には差し馬有利な展開が予想され、この馬には流れが向きそう。

枠も程よい配置で、同コースは2戦2勝の舞台。

思ったほど人気が無いようなので狙ってみます。

(D)

実質トップハンデというのは気になるが、前走は明らかに不得手な休み明けで善戦した。

叩いた今回は上積みが見込め、展開的にもこの馬向き。

高齢だが一発あってもおかしくない馬だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です