新着エントリー

中山金杯2022予想 枠順確定後の最終結論

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


本命馬や軸馬は上位人気馬から選ぶが、「どうしてもこの馬しか考えられない」という時以外は1番人気の軸、もしくは1着固定は買わない。

そこで狙い目は2~4番人気、広げても5番人気辺りまでの1着固定か軸固定。

1番人気が来たら仕方ないと諦めます。

 

そして今回は3連単で勝負です。

以上確定した枠順や週中記事で書いた内容を考慮して今回の軸馬は

 

4枠7番トーセンスーリヤ

 

今回は実力馬が揃いも揃って内枠配置。

結果的にはハンデ戦にも関わらず3強構成となってしまいました。

そうなると軸となる馬は当然この3頭から選ぶことになる。

そこで結構迷ったがトーセンスーリヤを軸馬とした。

 

選んだ一番の理由は回収率。

ヒートオンビートは内枠の横山武史騎手で馬の能力を加味すれば1番人気になって当然。

ただトーセンスーリヤ・ヴィクティファルスも戦ってきた相手を考えればヒートオンビートと遜色ない能力を持つ。

昨年大活躍の横山武史騎手で過剰人気になるのなら、近走成績と脚質を考慮してトーセンスーリヤから入りたい。

 

買い目は以下の通りです。

基本的に金額は毎回固定で1レース3600円としています。

(3連単)

(1・2着) 
4枠7番トーセンスーリヤ

(1・2着)
2枠4番ヒートオンビート
3枠6番ヴィクティファルス

(3着)
穴馬(C)(D)
4枠8番レッドガラン

◉⇔〇→★各400円×8点=3200円
◉⇔〇→△各100円×4点=400円

(計3600円)

 

対抗馬は順当にヒートオンビートヴィクティファルスとした。

もっと攻めた予想ならトーセンスーリヤ1着固定1頭軸かトーセンスーリヤ・ヴィクティファルスの1着固定にしたかったが、横山武史騎手の1着という馬券を買わないというのは怖いので攻めるのはここまでが限界(;^_^A

また今回は荒れる見込みが少ないと判断して穴馬は3着固定とした。

 

そして推奨穴馬以外でレッドガランを押さえる。

ハッキリ言って今回買いたい馬があまりないのだが、内枠で選ぶならこの馬くらい。

距離適性はやや長いが、今回の出走馬の中では相対的に考えるとこの馬が一番馬柱的に安定している。

ただ過剰人気なような気がするので押さえまで。

 


最後に今回選んだ推奨穴馬(C)(D)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

何かの呪いか…週中候補馬2頭が悪枠に…それでも選ぶならこの2頭しか考えられない。

敢えて茨の道を行く。

(D) ?????

正直枠順を見た時は凹んだ。

ただデータ重視で考えるとこの馬は絶対押さえておきたい。

過去記事で書いた穴馬消去法・デスデータ突破馬は唯一この馬だけ。

望みがあるとすればロザムールとシャムロックヒルの2頭がペースを上げてくれる可能性があるということ。

そして現在1番人気のヒートオンビートに前走コンマ2秒差の負けだが、今回こちらは斤量が2キロ軽くなるということ。

ハンデ頼みの展開待ちだがノーチャンスではないと思う。

 

(E) ウインイクシード

とにかくこの馬の買い要素はコース適性、この一言に尽きる。

この馬が過去に中山コースで圏内に入ったのは計9回でその時の人気を見ると、7番人気11番人気6番人気・2番人気・1番人気・4番人気4番人気・3番人気・9番人気でその内4番人気以下が6回もある。

人気で好走するなら適性というより純粋な能力とも言えるが、この馬の場合人気薄での好走が多い。

これは明らかにコース適性の高さ。

ただ年齢と枠順を加味すると切り捨てる要素満載だが、それ以上にコース適性に賭けてみたい。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。