中山記念2021予想 枠順確定後の最終結論

今回は中山記念2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では1~7番ゲート有利と判断しています。

ここで土曜中山競馬芝レースの出目と脚質を載せました。

 

 

もう完全に前残り競馬です。

ここまで極端なのも珍しい。

15頭中4角4番手以内が14頭ですから、この傾向は無視できないですね。

枠順は前に行けさえすればピンク帽でも問題ないでしょう。

 

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは1枠1番トーセンスーリヤですが、これは絶好枠でしょう。

内枠先行がベストなレース傾向に沿った配置ですね。

 

次に5枠7番バビットですが、同型馬がいるわけでもないので、中枠くらいなら問題ないでしょう。

 

次に5枠8番ヒシイグアスですが、できれば内枠が欲しかったですね。

まあ極端な外枠でもないが、勝つなら2~3枠くらいが良かったかも。

 

最後に7枠11番クラージュゲリエですが、距離もやや短く外枠配置。

脚質も差しとなると、あとはルメール騎手に期待するしかないですね。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが、

 

(馬単)

(1着)
1枠1番トーセンスーリヤ
5枠7番バビット

(2着)
穴馬(C)(D)(E)

各400円×6点

(計 2400円)

 

馬単勝負です。

とにかく前に行く馬で勝負。

 

上位人気馬から頭で選んだのはまずトーセンスーリヤ。

中山記念のセオリー通りに先行勢重視で考えると絶好枠を引いたこの馬。

過去6年で先行馬が6戦全勝、その内5頭が5番ゲート以内。

この条件に最も近い有力馬を考えるとトーセンスーリヤしかいない。

 

次いでバビット。

過去6年の複勝率を見れば逃げ馬も先行馬に劣らない。

今回は単騎逃げ濃厚で、距離も短縮されてベスト距離。

チャンス十分だと思います。

 

ヒシグイアスは最後まで迷ったのですが、このレースの傾向から考えると枠順・脚質共にマッチしない。

2・3着はあっても1着は厳しいか。

松山騎手なら馬場傾向や流れを読んで早めに仕掛けてくることもありそうだが、頭候補は基本2頭と決めているので今回は仕方なく切ります。

 

そして今回選んだ穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

過去10年で圏内に入った5番人気以下の馬は9頭いて、その内8頭が先行馬。

この傾向は無視できない。

(C)

脚質傾向の記事で書いたが狙いたいのはとにかく先行勢。

小回りコースの同距離重賞でバビットの2着という実績を持つ。

近走はOPクラスではあるがソコソコ安定した走りを見せている。

外枠配置は残念だが、前にさえつければチャンスはある。

(D)

この馬も残念ながら外枠配置。

だが(B)馬と同様の理由で前目で競馬が出来るタイプ。

鞍上も積極的な競馬をするタイプなのでそこに期待しています。

(E)

内枠で先行策が取れそうな理想的な条件が揃った。

古い話だが2歳時はG1ホープフルステークスで4着やOP特別でクロノジェネシスの2着という実績を持つ。

前走もOPで3着とまだ見限る程衰えた訳ではない。

大穴だが、今の馬場ならまさかがあっても不思議ではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です