中山牝馬ステークス2021予想 人気馬・穴馬別過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事

今回は中山牝馬ステークス2021の人気馬・穴馬別過去データ消去法と枠順・脚質・血統傾向の記事です。

 

よろしければ金鯱賞の予想もしているのでご覧下さい。

 

このレースは中山競馬場で行われる芝1800m戦。

1番人気馬の信頼度も低く、二桁人気馬も結構絡むハンデ重賞。

今年のメンバーを見ると、やはり一波乱あってもおかしくないメンバー構成。

高配当ゲットを目指して頑張ります。

 

現在のnetkeibaさん想定オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向から見ていきます。

以下が中山競馬場改修工事後の過去6年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると差し馬の活躍がかなり目立ちます。

ただ上りの3位までの成績を見ると際立った成績ではない。

ここから判断すると差しと言ってもある程度前目で競馬ができてソコソコの脚が使える馬が優位と言えるでしょう。

ここで過去6年の前走脚質のデータを載せました。

 

 

これを見ると対象馬18頭中前走4角6番手以内 且つ 上り4位以下は18頭中12頭で全体の3分の2を占めています。

今回これに該当するのはインターミッション・サトノダムゼル・スイープセレリタス・ドナアトラエンテ・フェアリーポルカ・リアアメリア・リュヌルージュ・ロザムールの8頭。

 

残りの6頭は上り勝負の馬だったが、この6頭中5頭に共通する条件は

 

前走上り2位以内 且つ 近3走で上り2位以上を2回以上経験

 

ただし今回はこれに該当する馬はいませんでした。

ちなみに前走上り1位の馬が圏内に入ったのが過去6年で僅か1頭ということを考えると、このレースはそれだけ切れ味を必要としないということだと思います。

週末の天気次第と先週の前残り馬場が続くかで状況は変わりますが、データ的には先ほど書いた8頭は注意しておきたいです。

特にインターミッション・サトノダムゼル・スイープセレリタス・リュヌルージュ・ロザムール辺りは人気薄なので面白いかもしれません。

 


次は枠順傾向です。

以下が中山競馬場改修工事後の過去6年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると内外で有利不利はなくフラットな傾向です。

 

今度は5番人気以下限定の枠順傾向です。

 

 

穴馬でみても全体傾向と同じですね。

上記のデータを考慮して

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に血統傾向です。

過去5年の傾向は以下の通りです。

 

桃色(サンデーサイレンス系)
水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)
濃い桃色(ロベルト系)

 

 

今回の推奨血統は

 

父に

・ミスプロ系
・トニービン内包種牡馬

又は

母父に

・ロベルト系

です。

種牡馬を見渡すととにかくスタミナやパワーを必要とするミスプロ系・ノーザンダンサー系、サンデーサイレンスでも好走しているのはスタミナタイプの種牡馬ばかり。

ちなみにディープインパクト産駒の複勝率は過去5年で18,2%で決して高い数字とは言えない。

これらのことからわかるように、このレースはスピードや切れ味が売りの種牡馬には不向きなレースということでしょう。

 

今回の該当馬は

 

クラヴァシュドール
シャドウディーヴァ
スイープセレリタス
フェアリーポルカ
ランブリングアレー
リュヌルージュ
リリーバレロ
ロザムール
ロフティフレーズ

 

以上9頭です。

ちなみに1・2番人気想定のリアアメリアとドナアトラエンテはディープインパクト産駒。

絶対来ないとは言えないが、積極的に買うべき人気馬とまでは言えないのではないか。

 


次に消去法です。

まずは上位人気馬消去法です。

上位人気馬とは4番人気以内を指しています。

 

20111年の阪神開催を除く過去10年(開催数は9回)の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は4番人気以内馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 6歳以下
② 前走愛知杯・ターコイズS出走馬 又は 前走牡馬混合重賞出走馬

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

4番人気以内の馬が圏内に来た年は過去10年(開催数は9回)で8回。

そしてその8回中、上記の条件で4番人気以内の馬が来た年は8回です。

 

今回の想定4番人気以内馬で上記の条件に該当する馬は

 

シャドウディーヴァ
フェアリーポルカ

 

以上2頭です。

ただシャドウディーヴァは微妙。

この馬は基本的に左回り専用機。

前走重賞で好走したがそれは東京コース。

消去法で残ったが不安要素はあります。

 

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 

次に穴馬消去法です。

穴馬とは5番人気以下を指しています。

 

過去10年の1~3着馬の結果は以下の通りです。

黄色部分は5番人気以下で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

見方によって基準は人それぞれですが、圏内に入った馬に多く共通する項目は以下の通りです。

 

① 7歳以下
② 前走G1出走馬 又は 斤量50~54キロ
③ 前走3着以内 又は 4角2番手以内(G1出走馬は除く)

 

基本的に頭数ではなく年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

5番人気以下の馬が圏内に来た年は過去10年(開催数は9回)で9回。

そしてその9回中、上記の条件で5番人気以下の馬が来た年は8回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

ロザムール

 

以上1頭です。

今回は僅か1頭しか残りませんでした。

そこでやや条件を緩めて斤量55キロまでとするなら、アルーシャとランブリングアレーも残ります。

 

(注)あくまで想定人気からの消去法なので、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


最後に現時点での穴馬候補2頭を発表します。

それはこの馬(A)(B)☟


中央競馬ランキング

(A)

血統傾向で挙げたミスプロ系。

脚質傾向でも候補に挙げ、今回は単騎逃げのチャンスあり。

更に穴馬消去法でも残った馬なので、人気薄でもこの馬は積極的に買ってみたい。

(B)

個人的には4番人気くらいになってもおかしくないと思っている。

好相性の愛知杯組で、今年の牡馬混合の重賞で1番人気にもなった馬。

仮に5・6番人気くらいで買えるなら実力を考えると妙味薄ではあるが押さえておくべき馬だと思います。

ただ人気になるなら買わないと思いますが‥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です