中京記念2021予想 枠順確定後の最終結論

今回は中京記念2021の枠順確定後の最終結論の記事です。

 

確定した枠順と現時点のオッズは以下のようになっています。

 

 


枠順傾向の記事では1~8番ゲート有利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは3枠3番アンドラステですが、鞍上が積極的な川田騎手に乗り替わりでこの枠順ならプラスだと思います。

 

次に7枠10番ディアンドルですが、決して良い枠とは言えないが普通に考えれば単騎逃げ濃厚。

しかも少頭数の7枠なら問題ないと思います。

 

次に7枠9番ボッケリーニですが、少頭数なので外枠でも問題ないが、内寄りがベストだったと思う。

 

最後に5枠5番ロータスランドですが、常に2~3番手の競馬で結果を残している馬。

そしてこの馬より内で前に行きたそうな馬はダノンチェイサーくらい。

良い枠ではないでしょうか。

 

本命馬も対抗馬も基本的には1~4番人気から選ぶのが基本。

かなりの大混戦やハンデ戦でもせいぜい6番人気くらいまでから選びます。

波乱含みのレースでも確率論から考えて長い目で見るとこの買い方がベストだと思っています。

 

以上確定した枠順や週中記事で書いた内容を考慮して今回の本命馬は

 

7枠10番ディアンドル

 

もうここは最初からほぼこの馬で決めていました。

小回りの高速馬場で単騎逃げ濃厚。

スピードを活かす競馬はこの馬にピッタリ。

 

対抗馬は

3枠3番アンドラステ
7枠9番ボッケリーニ
5枠5番ロータスランド

 

上位人気馬は大混戦ですが、鞍上超絶強化のアンドラステ、重賞実績・安定性申し分なしのボッケリーニ、3連勝と勢いのあるロータスランド、上位から選ぶならこの3頭ですね。

 

基本的な馬券の買い方は人気馬ー穴馬の組合せです。

人気馬とは4番人気以内、穴馬とは5番人気以下を指しています。

それでは今回の券種と買い目ですが3連単勝負です。

 

(3連単フォーメーション/2・3着マルチ)

(1着) 
7枠10番ディアンドル

(2・3着)
3枠3番アンドラステ
7枠9番ボッケリーニ
5枠5番ロータスランド

(2・3着)
穴馬(C)(D)(E)

各100円×18点

 

(3連単フォーメーション/2・3着マルチ)

(1着)
3枠3番アンドラステ
7枠9番ボッケリーニ
5枠5番ロータスランド

(2・3着)
7枠10番ディアンドル

(2・3着)
穴馬(C)(D)(E)

各100円×18点

(計 3600円)

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ


 

最後に今回選んだ穴馬(C)(D)(E)とはこの馬☟


中央競馬ランキング

今回は堅く収まりそうな気もするので正直期待値はやや薄めです(-_-;)

(C) クラヴェル

前走はハンデに恵まれたと言え、アンドラステに先着し前残り決着の競馬で遥か後方から追い込んで好走したのは見所がある。

今回は小倉でどうかだが、前走同様横山典騎手が継続騎乗ならもう1発あるかも。

(D) ?????

正直脚質的には買えないが、今回は少頭数なので上手く捌ければなんとかなるか。

小倉は2戦2連対で相性は悪くない。

(E) ?????

ハンデ戦なので高配当目当てでこの馬。

阪神しか走らないので、小倉はどうだろう?

ただ穴馬消去法の記事で挙げた馬であり、この馬は夏馬のようなのでそこに僅かな期待をしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です