新着エントリー

レパードステークス2022予想 過去データ消去法と脚質・枠順・血統傾向

このレースは新潟競馬場で行われるダート1800m戦。

今年の登録馬を見ると、前走重賞で圏内に入った馬は関東オークス2着馬のラブパイローだけ。

例年ならジャパンダートダービーやユニコーンステークスの圏内馬が多少なりとも出走していましたが、今年はそれがない。

その分荒れる要素も高いかもしれません。

 

そして現在のnetkeibaさんの想定オッズは以下の通りです。

 

 

それではこれから脚質傾向・枠順傾向・血統傾向・消去法・デスデータの順で調べていきます。

(注)消去法やデスデータは、実際の人気と違っていた場合該当馬が変わることもあります。

 


脚質傾向データ 」

以下が過去10年の脚質傾向です。

 

 

これを見ると圧倒的に逃げ・先行馬が活躍しています。

そこで注目すべきはやはり前で競馬ができる馬。

逃げ・先行で圏内に入った馬は前走海外遠征馬だったエピカリスを除くと19頭います。

この19頭から好走馬の共通点を探してみると、2パターンに分かれます。

まず一つ目は前走OPクラス以下出走馬で10頭中7頭が…

 

① 前走OPクラス以下
② 前走距離1600~1800m
② 前走4角2番手以内
② 前走2番人気以内で2着以内

 

この条件に該当する馬は

 

トウセツ
ヘラルドバローズ
メイショウユズルハ
レッドラパルマ

 

以上4頭です。

ただ脚質が固まってない3歳なので本当に前で競馬ができるのか、未知な部分も大きいです。

 

二つ目は前走海外遠征馬を除く重賞出走馬となりますが9頭中7頭が…

 

① 前走ユニコーンステークス・ジャパンダートダービー出走馬
② 前走5着以内

 

この条件に該当する馬は

 

ハピ

 

以上1頭です。

ただ9頭中6頭は3着以内馬だった馬なので、ジャパンダートダービー4着だったハピは準推奨馬くらいの評価ですかね。

 


枠順傾向データ 」

以下が過去10年の枠順傾向です。

 

 

これを見ると外枠でも好走馬は出ています。

ただ勝馬と複勝率をみると平均的に9番ゲート以内が好走率が高そうです。

 

今度は6番人気以下限定の枠順傾向です。

いつもは穴馬は5番人気以下としていますが、過去傾向から判断して今回は穴馬を6番人気以下として扱います。

これ以降の穴馬消去法・デスデータに関しても穴馬は6番人気以下とします。

 

 

穴馬で見てもやはり傾向的には同じで、9番ゲート以内が良さそうです。

 

上記のデータを考慮して

 

1~9番ゲート有利

 

と判断します。

ただ外枠が要らないという程でもないので極端な割引はできない。

警戒は必要だと思います。

 


血統傾向データ 」

過去5年の傾向は以下の通りです。

桃色(サンデーサイレンス系)
濃い桃色(ロベルト系)
赤紫(ヘイロー系)

水色(ミスプロ系)
黄色(ノーザンダンサー系)
緑色(ナスルーラ系)

 

 

今回の推奨血統は

母父にサンデーサイレンス系以外の

父に

・パイロ
・キングカメハメハ
・ヘイロー系

です。

過去5年で母父サンデーサイレンス系の馬は24頭いて全て圏外。

非常に相性が悪いです。

 

インディゴブラック
ハピ
ライラボンド
レッドラパルマ

 

以上4頭です。

ラブパイローはパイロ産駒で非常に気になるところですが、母父サンデーサイレンス系ということで、対象からは外しました。

 


消去法データ 」

消去法は2012年以降の過去10年分のもので1~5番人気の上位人気馬消去法6番人気以下の穴馬消去法に分けています。

またこのデータは見方によっては捉え方は色々ですが、基本的に年単位で来た馬がいるかいないかで考えています。

 

まずは上位人気馬消去法です。

黄色部分は5番人気以内馬で、赤・青・緑色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 前走2勝クラスで2番人気以内で1着 且つ 上り3位以内 or 4角2番手以内
② 前走ジャパンダートダービーで4番人気以内で5着以内
 前走ユニコーンステークスで3番人気以内

 

上記の条件で2017年の海外遠征馬エピカリスを除けば全ての年で好走馬が出ています。

想定5番人気以内馬で上記の条件①or②or③に該当する馬は

 

タイセイドレフォン
ハピ
ホウオウルーレット

 

以上3頭です。

3強オッズである3頭が順当に残りました。

 

次に穴馬消去法です。

黄色部分は6番人気以下馬で、赤色部分は強調部分として色分けしています。

 

 

① 過去にダート1800mのレースで勝利経験あり
② 前走ダート戦で上り6位以内 or 4角3番手以内

 

想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

カフジオクタゴン
トウセツ
ビヨンドザファザー
メイショウユズルハ
レッドラパルマ

 

以上5頭です。

1800m戦勝ちという条件は全ての穴馬に当てはまる。

このデータは個人的には重視したいですね。

 


デスデータ 」

このレースにおいて極めて好走率が悪いデスデータを調べました。

対象は過去10年の6番人気以下限定のもので、このレースの6番人気以下馬の複勝率は13,3%です。

 

・キャリア10戦以上(0・0・0・21)複勝率0%
・前走間隔中3~13週以外(0・0・0・13)複勝率0%
・前走9着以下(0・0・0・20)複勝率0%
・前走敗戦馬の着差1,9秒以上(0・0・0・12)複勝率0%
・前走馬体重449キロ以下(0・0・0・6)複勝率0%
・前走4角10番手以下(0・0・0・20)複勝率0%
・前走距離1600~2000m以外(0・0・0・15)複勝率0%

 

このデスデータを全て突破した馬は

 

カフジオクタゴン
シダー
トウセツ
バレルゾーン
メイショウユズルハ
レッドラパルマ

 

以上6頭です。

 


最後に現時点での穴馬候補を発表します。

それはこの馬(B)☟


中央競馬ランキング

(B) ?????

自分の主観では買い要素は薄いが、今まで挙げたデータだけで言えばこの馬が一番良い。

脚質傾向・血統傾向・穴馬消去法・デスデータ突破馬の項目でパーフェクト通過した馬はこの馬だけ。

鞍上も前走に引き続き継続騎乗なので、その点でも評価は高まった。

想定オッズではかなりの人気薄なのでダメ元で狙ってみようと思います。

 


その他の重賞予想や過去の結果をご覧になりたい方はこちらからどうぞ
狙うは一撃回収!穴馬競馬予想ブログトップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。